2015春 平戸の山

4月以降はどの花を見に行こうか計画を立てるのが大変。
ようやく晴れそうなので海の見える平戸に行ってみよう。
前日仕事を終えてから福岡を出て、目的地まで30分程度で行けるところにて車泊。

最初の目的地、志々伎山の登山口5:30取りつき
まだ薄暗かったのでライトをつけて登る。
間に合えばいいかな~くらいで登っていたが、今日は雲が多かったので何となく間に合った。
sIMGP5010.jpg

sIMGP5017.jpg
志々伎山頂上6:00頃

sIMGP5020.jpg
中央の空き地にポツンとnacchi***号が見える。
深夜雨が降ったので霞が取れるかと期待していたが、残念ながら黄砂の影響でボンヤリしてた。

sIMGP5055.jpg
五島が見えなかったのは残念だったが、この山の展望は平戸の中でもピカイチだろう。

sIMGP5072.jpg
山頂を後にし、下山は花撮り。

sIMGP5029.jpg
ナガバノタチツボスミレ、かな?

sIMGP5045.jpg
今日の目的の一つ、バイカイカリソウと

sIMGP5081.jpg
シュンラン(春蘭)

バイカイカリソウ、たくさん咲いていたがみんなうつむいている。
しかも海風が吹き付け
sIMGP5109.jpg
ダンシングフラワー状態。

sIMGP5103.jpg
フラガール(マシに撮れたほう)

sIMGP5096.jpg
何とかいい感じに撮れないか粘り続け、ここだけで15分近く費やしたか・・・(^_^;)

sIMGP5119.jpg
キリがないので諦めて下りつづける。

sIMGP5118.jpg
ギンリョウソウが目立ち始める季節になったのか~。
一年早いな~。

sIMGP5137.jpg

sIMGP5151.jpg
こんな大きな葉っぱのマムシソウ見たことないと思って帰宅後調べたらムサシアブミと言うらしい。
トトロの傘みたいに差せそうなくらい大きい葉っぱ。

sIMGP5157.jpg
どこに塔があるのかなとじっくり読んでいるとここから100メートル上に登ったところらしい。
登ってみよう。

sIMGP5158.jpg
意外と展望のない場所だった。
今は木で見えないが、昔は見えたのかもな。

sIMGP5160.jpg

sIMGP5163.jpg
7:25駐車場。
登りは25分~30分ほどだったのに、下山に1時間以上かかるくらい花を楽しめる山だった。

次は佐志岳へ移動。
8:00取りつき
sIMGP5166.jpg
トレースはあるが、突っ切って登れそうな感じ。
sIMGP5167.jpg
オカオグルマ
花は1輪だがよく見たら蕾が周りにたくさんある。

山の方を見てみると鳥が多い。
カラスがほとんどだが、トンビが風に乗って旋回している・・・・・

と思ったらいつの間にか私の上空を旋回し始めた。
えっ、どういうこと??
気にしながらも登り続けるが、ハッと見上げると5メートルくらいまで近づいて今にも襲いかかりそうな体勢(゜-゜)
ヤバい!!!狙われてる!!
いざというとき持っているストックで倒せるのか!!
佐志岳のヌシ(主)なのだろうか。こんな情報なかったのに。
ハラハラしながらもとにかく登り続け、見上げると
・・・いる、いつでも襲える距離にいる(>_<)
sIMGP5170.jpg
こちらが見上げているのが分かるのか、ワザと太陽を背にして眩しくて見えないようにするヌシ。
あ~~、どうしよう
「佐志岳でトンビに襲われた女性」なんてニュースになったら恥ずかしい、なんてちょこっと思いながら必死で登る。

sIMGP5172.jpg
春のセンボンヤリかな?
それでも花があればついつい撮りたくなる。
ふと見上げるとヌシが様子を伺いながら旋回中・・・

sIMGP5174.jpg

sIMGP5176.jpg
ここが頂上?

sIMGP5177.jpg
これから登る屛風岳とさっき登った志々伎山
本当はここでホットケーキを焼くつもりだったが、いつヌシに襲われるか分からないので即下山。

sIMGP5180.jpg
良い光景だ~とシャッターを切るとヌシが容赦なく入り込んでくる。
下山が怖いな・・・。
・・・はっ!!しかもさっきよりヌシが増えている!!
カラスを追い掛けまわったり、優雅に旋回したり・・・
私はおいしくないから、カラスだけ追いかけてくれ~。
登りは上ばかり気にしたが、下りはとにかく急いで下りる。
中腹辺りが縄張りのようでそこを過ぎると追いかけてこなかった。

sIMGP5189.jpg
全部咲くとこんな感じなのか~。

sIMGP5197.jpg
キジムシロ

8:45下山
はぁ~~~怖かった。
山で怖いと思ったのは瑞牆山以来だ(熊に襲われる恐怖)。
秋に来たいのに、またヌシと闘わないといけないかと思うと憂鬱だな。

気を取り直して屛風岳へ。
登山口付近の駐車スペースに着くとすでに2台停まっており、もう停めれそうにない。
先まで行ってみたが落石が多くて私の車では行けそうにない。
なんとかUターンして駐車スペースから少し下った路肩に駐車。
ここの林道は一番道が悪かったので要注意。
9:15取りつき
花も展望もなし、黙々と登る。
sIMGP5198.jpg
戦時中防空監視施設だった跡からの展望。

sIMGP5199.jpg
カラス天狗かな?

sIMGP5200.jpg
先に監視施設跡に行ったが、すぐ横が頂上(展望はなし)
木漏れ日で何が何だか(^_^;)
思ったほど展望がなかったので下山。
9:50車

最後の安満岳登山口へ移動。
sIMGP5206.jpg
ここが一番整備されていて綺麗な登山口。(道路もふつう)
車は一台もなかったが、登山道も整備されていて登りやすい。

sIMGP5208.jpg
神社参道入り口(山野入口バス停側)からの登山道と合流。
鳥居をくぐって雰囲気のある石段を登る。

sIMGP5211.jpg
フデリンドウ(^_^)かわゆい。

山頂は展望がないが、すこし左に行くと展望のいい岩場に出る。
sIMGP5218.jpg
生月島と生月大橋
下の村から聞こえてくるよく分からない曲を聴きながらようやく食事
sIMGP5220.jpg
ミックスジュース、いちごなど。

sIMGP5224.jpg
霞が残念だけど、のんびりして幸せ~。
また来よう。

sIMGP5229.jpg
葉っぱが変わってるけど何スミレ?

駐車場に戻り、車を置いたまま鯛ノ鼻へ向かう。
車道をしばらく歩くと鯛ノ鼻園地の広い駐車場。そこからもう少し歩くと公園のような広場に出る。
山と思っていたからここ?っと思ったが三角点もしっかりあった。
sIMGP5238.jpg
今日登った山が見える。
鯛ノ鼻は今日はいいかな~と思っていたけど、
sIMGP5244.jpg
青空の下満開の桜が見れてラッキー。

sIMGP5248.jpg
こんなに綺麗なのに誰も居ないのがもったいない。

sIMGP5262.jpg
駐車場への戻り、安満岳が見える。
駐車場から鯛ノ鼻までは片道10分ほど。
12:35駐車場
温泉に入ってから帰ろうとホテル蘭風を調べていると、検索ワードに心霊・・・
まぁ、泊まらないし大丈夫でしょ(笑)
温泉の前に目の前にあった砂浜が綺麗だったので立ち寄る。

sIMGP5266.jpg
砂浜歩くの久しぶりだ~。
海は磯の匂いが苦手だけど、ここは匂いがなくていい。

sIMGP5269.jpg
水が綺麗だな~(^_^)
この後ホテルに行ってみると入浴は15時から・・・(行ったとき13時半前だった)
汗もひいたので今日はもういっかと入らずに帰宅。
混み具合に寄るけど、福岡からそこまで遠いわけでもないのでまた行こう!

コメントの投稿

Secret

お疲れさまです
いつも色々参考にさせて頂いています(笑

山行記録だけでなく
ズッコケ珍道中?や色々な感想を
書いていただいているので
楽しく読ませてもらっています
また何処かの山に行ったら
楽しいブログを期待しています

山メシも新メニュー期待してますね☆彡

Re: タイトルなし

くにさん、こんにちは。参考になりますか?(笑)
私は普通に登りたいんですけどね・・・
佐志岳の後の山はヌシの印象が強すぎて写真も撮らず黙々と登ってしまいました。
山に登りに行って鳥に襲われかけるとは思いもしませんから(^_^;)

新メニューですか~i-201
最近はホットケーキのトッピングばかりに力が入ってますからね。なにがいいだろ~。

No title

いつも楽しみに見てます。
↓検索したらトンビに襲われて弁当を取られる人もいるみたいですね
ttp://blogs.yahoo.co.jp/woods_king/62100052.html
以前から食糧を狙ってトンビがこの山見張ってるんですね!

Re: No title

イルボンさん?こんばんは。
お弁当が美味しくて味を占めたんですね。
佐志岳は秋が本命なのですが、ヌシがいるかと思うと憂鬱です(^_^;)
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR