2015冬 雲取山

8日仕事後準備して福岡発(15:40過ぎ)
日曜の夕方ということもあり、高速はいつもより流れが遅く、
その結果いつもは吉備でガソリンを入れないといけないのだが、龍野西までもった。
やっぱりゆっくり走ることが燃費の良さに繋がるんだな~。
あっ、イツモトバシテナイデスケド・・・
合計して1時間くらいの仮眠を取りつつ、朝方長野から山梨を走っていると前方に富士山のてっぺんが見えてきた(^○^)
天気は期待していなかっただけに少しテンションが上がる。

鴨沢のバス停付近に駐車場があるのかと思ったらなく、村が管理している無料の駐車場があると記されていたので向かう。実はその駐車場からが登山口に近かった。
7:30駐車場
福岡から16時間・・・いつものことながらすでにクタクタ(^_^;)
1台車があったので先行者がいるんだなと準備する。
7:45取りつき
s-DSCF0358.jpg
この写真では分かりづらいが、下の鴨沢から雲取山までのピストン。

s-IMGP4046.jpg
細かく記されているので迷うことはない。

s-IMGP4047.jpg

s-IMGP4049.jpg
熊、出るかしら・・・・
熊鈴は付けているが出さず、カラビナとハーケンを響かせて登る。

s-IMGP4069.jpg
このルート、このようにデコボコしたところが少なく緩やかなので登りやすい。
しかしこれがずっと続く…
つまり標高がなかなか上がらず長い距離歩かないといけないのだ。
運転ですでに足がパンパンだったので堪える。

s-IMGP4050.jpg
この木まで45分ほど。
ガスが霧雨のようになってきたのでザックカバーをつけ、傘を差して登る。

s-IMGP4051.jpg
9:15分岐。
七ツ石山経由で向かう予定だったが、帰りに行くことにしてブナ坂へのトラバースルートで向かう。

s-IMGP4052.jpg
途中まで雪はなかったが、この辺りから積もっていた。
足跡はない。先行者は七ツ石経由で向かったようだ。

s-IMGP4053.jpg
ブナ坂9:45

s-IMGP4054.jpg
あ~、

s-IMGP4056.jpg
晴れてたら見ごたえあっただろうな~という感じのブナの霧氷

s-IMGP4057.jpg
雲取山のシンボル、ダンシングツリー

s-IMGP4061.jpg
10:10雲取奥多摩小屋前
ここまでも長く感じたが、ここから先がさらに長く感じた。
山が見えれば目標がもてるが、ガスで何も見えないもんだからどこまで頑張ればいいのか。
もういいんじゃないの?・・・まだここじゃないのか・・・・もう、ピークでしょ、え~え、ここから左に向かう!?
その連続。後から考えたらあそこは小雲取山だったのかも。

s-IMGP4062.jpg
ようやくぼんやり小屋が見えてきた。
10:45雲取山避難小屋
中に荷物を置いてから頂上に向かう。

s-IMGP4063.jpg
山梨、埼玉、東京の3県にまたがるので、なんとなく埼玉の山のような気がしていたのだが、
これだけ東京都!って書かれていたら東京都カテゴリーなんだな。
(いつもは登山口に合わせるのでそれでいくと山梨だけど)

s-IMGP4064.jpg
富士山はどちらに見えるのかしら?
目を凝らしても何も見えないしさすがに寒かったので小屋に戻ってすぐ下山。
そういえばここまで足跡がなく、私が一番乗りだった。
あの車の主は・・・?

s-IMGP4065.jpg
登りでは撮らなかったが、ここが五十人平だろう。広いヘリポート。

s-IMGP4067.jpg
晴れてて、霧氷がついていたら最高だったな。
今回は天気は期待していなかったので仕方ない。

13:20下山。
道の駅にある「のめこい湯」に入ってから明日登る大菩薩嶺の登山口に向かう。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR