2015冬 大菩薩嶺

s-DSCF0357.jpg
今日は裂石ゲート前の駐車所から取りつく。
昨日下見に来た時は16時頃1台あった。ここにはトイレがないので下の方の駐車場で車中泊。
夕方から降り始めた雨も3時過ぎには止んだようだった。
5時半に起きて準備し向かうとすでに4台停まっていた(うち1台は昨日の車。小屋泊だったのかな?)
土日は朝からいっぱいになるらしいのでよかった。
6:10取りつき。
丸川峠に向かって登る。
途中から少し雪が積もっている箇所があったが足跡がない。
駐車場の車の先行者は上日川峠経由だったようだ。
昨日の疲れでなかなか足が進まない。
上の方を見れば霧氷が朝日を浴びて輝いているし、富士山のてっぺんも見えていたので登ってから撮ろうと頑張る。
(この時は天気がもつと思っていた)

s-IMGP4070.jpg
丸川峠7:30
この先が新雪で苦労し踏ん張りが利かなくなってきたのでアイゼンを装着。

s-IMGP4071.jpg
トレースはしっかりしているので迷うことはない。

s-IMGP4072.jpg
コメツガの霧氷が輝く。
しかしこのあとからいよいよ足が動かなくなってきて何度も立ち止まる。
雪がある分負荷がかかるので疲れが倍増。
水を補給してきていなかったのでなるべく飲まないようにしていたが、
途中のどが渇いたので雪の綺麗なところ(新雪なので深いところの中間なら大丈夫かな~っと)をほおばった(^_^;)

s-IMGP4074.jpg
8:50誰の足跡もない真っ新な頂上到着。
いや~、疲れた。
展望がないことは知っていたので雷岩に向かう。

s-IMGP4080.jpg
ピークから雷岩までは吹き溜まりがあり、少しラッセルする羽目に。
膝上くらいなので大したことはないのだが、今日の足の状態からしたらなかなかキツイ。
雷岩に出たところで上日川から男性が1名来られたので挨拶していると
「もう大菩薩嶺って過ぎたんですかね?」
・・・・
(地図見て下調べしてきてください)とか思いつつ、今自分が歩いてきた方を差して
「いや、あっちですよ」といい分かれる。
私も上日川峠経由で来てたら分からなかったのかな?

s-IMGP4082.jpg
朝は見えていた富士山のてっぺんも雲の中。というか全体的に曇り空。
晴れると思ったのに。
しかも強風でじっとしていられないので先に進む。

s-IMGP4085.jpg

s-IMGP4087.jpg
今歩いてきた方を振り返る。
昨日までのトレースは消えていた状態なのでもしガスってたら迷ったかもな~、と思うと
曇りでもガスらなかっただけ助かった。

s-IMGP4088.jpg
部分的に晴れているところもあるので、もしかしたら天候が回復するかもと
賽ノ河原の避難小屋で休憩することに(9:35~10:25)

s-IMGP4092.jpg
富士山とコラボしようと念のため入れてきていたホットケーキの材料。
水は見てみるとほとんど残ってなかったので外の綺麗そうな雪を溶かして使った。

s-IMGP4094.jpg
オレンジ味のホットケーキ(オレンジソース・チョコチップ・アーモンドダイス)
ほうれん草と卵のスープ
カフェオレ

天候は回復しそうにないので下山する。
s-IMGP4095.jpg
大菩薩峠を経由し、

s-IMGP4096.jpg
勝縁荘?

s-IMGP4102.jpg
富士見山荘(レンズ曇ってた

s-IMGP4098.jpg
富士さ~ん

s-IMGP4101.jpg
どんより。
朝は輝いていたんだけど。

s-IMGP4103.jpg
福ちゃん荘
ここから登山道と車道行ったり来たり。
上日川峠まで500メートルの車道に出たとき、足跡らしきものがあり行けるかなと思って進んだ山道が行けず
元の車道まで戻るタイムロス。
狐に抓まれたかな(鹿だけど)

s-IMGP4104.jpg
ロッヂ長兵衛(にぎわっていた)
ここからの登山道は解けた雪がガッチガチに凍ってスケートリンク化しており
それまで外していたアイゼンを再びつけて下りる。ここはアイゼンがないと厳しかった。

s-IMGP4106.jpg
千石茶屋
なんか最後は小屋特集になったけど。

s-IMGP4107.jpg
近くのお地蔵様

s-IMGP4109.jpg
裂石ゲート前到着
12:30
s-IMGP4108.jpg
朝より車が増えていたが、すでに帰っている車もあった。

温泉は大菩薩の湯に入ろうと思って向かったが、生憎お休みだった。
今回の遠征で楽しみにしていたのは何と言ってもワインでしょ!
温泉に入った後ゆっくりワイナリーを周ろうと思っていたが、しょうがないので汗臭いままとりあえずマンズワインへ。
福岡の酒屋さんでは手に入らないものを買おうと思うが、試飲ができないのでよく分からない。
なんとなく美味しそうな変わり種のワインを選んで
ぶどうの丘「天空の湯」へ。
最後にシャトー勝沼に立ち寄りさらにワインを買い足し満足して高速へ。
いや~、山梨への遠征はお金かかるわ~(笑)

帰りは強風と吹雪。
前から吹き付ける雪で自分の車が進んでいるんだかわからない錯覚に陥りながら慎重に運転。
何度か仮眠して何とか無事帰ってきました(^_^)

コメントの投稿

Secret

こんばんわ♪
無事に帰りつき、遠征おつかれさまでした。
「近くのお地蔵様」リアルに人の顔や(笑)
こんなお地蔵様、初めて見たw ウケる。

Re: タイトルなし

ひでさん、おはようございます、無事帰ってきました(^_^)
吹雪いてきたときはどうしようと思いましたが、兵庫から先は雪もなくほっとしました。
千石茶屋のお地蔵様、確かに人間っぽい顔立ちでした。なんだか考え込んでいるような表情でしたよ。
私は帰りにこちらを通りましたが、登りにこちらを通る場合すぐに現れるお地蔵様なので登山者を見守ってくれているんですね(^_^)
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR