2015くじゅう夕駆け①

金曜日、仕事に行く前に朝駆けの準備をして家を出たが、
帰宅途中空を見ると曇っている。
予報もよくないし、これは朝は撃沈だなと夕駆けに切り替え。
夕駆けしたいと思っていたが、下山後帰宅すると23時とかになってしまうため翌日仕事の時はなかなかできないでいた。
今回は土日連休だったため、朝までぐっすり眠って出発。
向かっていると耳納連山は霞んで見えないし、これは期待できないな・・・と憂鬱。
瀬の本あたりからくじゅうが見えてくると白く見えたので、「あれ?霧氷ついたのかな?」と少しワクワク。
牧ノ戸へ12時過ぎに滑り込むと丁度1台分のスペースが空いていたので駐車して12:30取りつく。

この時間帯から登るのは久しぶりだ。
着替えはザックに入れなかったので、汗を掻かないようゆっくり登る。
s-IMGP2276.jpg
眩し~!サングラスしてるけど。
霧氷はついてたっぽいが、ほとんど残っていなかった。
暑かったし、風も強かったので落ちてしまったようだ。
このあと下ってくるボッチさん大空さんに出会い、新年のごあいさつ。
今朝は4時間待ちだったと聞いて「シメシメ^m^」とかは思っていません。
Ryonaさんsanpoさんなおさんが星生山に行っていると情報を得たので扇が鼻分岐から見上げてみると、上の方に人影が。4人いるように見えたけど(あとから考えると外西さんだったのかな?)。
ここで待とうか、私から登っていこうか迷ったが、
夕駆けのときは久住から廻ることにしているため、今回は先に進みました(>_<)また会えますしね(^^♪

s-IMGP2277.jpg
久住山から。
今日は阿蘇も見えない。
ひとみちゃんには挨拶だけして今日は写真はなし。
陽射しはあるが今日は風が冷たく強いので帽子からニット帽に変えて進む。

s-IMGP2282.jpg
今日は祖母・傾方面もこの通り。何だろ?この霞

s-IMGP2284.jpg
真っ白な姿を見れるのは2月かな?

s-IMGP2286.jpg
中岳定点位置より。
逆光の為色がよく分からない。この時15:00頃だったのでまだ移動するには早いんだけど・・・・
寒いので移動。

s-IMGP2289.jpg
天狗から。

s-IMGP2298.jpg
久しぶりに池の上でも歩くか。
アイゼン付けていないので忍び足で。
だいぶ投石があったな~・・・

どこでアーベントを待つか決めかねていたのだが、とりあえず星生崎に向かい扇が鼻に移動するか決めよう。
まだこの登り、正規のルートを歩いた跡がないので、どこを通るか迷う。

s-IMGP2312.jpg
雪が少ないので染まらないなと思ったが、風が弱かったのでここで待つことに。
しかしここで写真を確認していると・・・・ギャ~、糸くずみたいなのが写ってる!
レンズを見ても汚れてなさそうなので、中に入ってるのか。
家で確かめて何も入ってなかったのに。ガクっ
一気に写真を撮る気がなくなったが、もし染まるなら久住山で隠そう!!
・・・ということでこれまで載せている上の写真達はすべて山などでうまく隠せているものだけです(笑)

s-IMGP2314.jpg
待機中下を見ているとこんな時間に2人組が。(16:00頃)
そのまま北千里の方へ下って行った。テン泊か法華院だろう。
そして星生崎に1人登ってこられた。
「あっ、木下さん!」
またまた新年のごあいさつ。
半年くらいお会いできなかったので(私のくじゅう入りが少なかったから)お久しぶりでした。
今日の夕駆けは見える限りでは星生崎に2名、天狗ヶ城にも1名赤い服の男性が見えた。
やっぱ赤は目立つな~。あと私の視力がまぁまぁいいから?

s-IMGP2320.jpg
日の入り前に雲が出てきたため染まる可能性はほとんどなかったが、少しは色づいてよかった。
次回雪がたっぷり積もった時またリベンジだ。

s-IMGP2324.jpg
糸くずみたいなのを隠すのに必死(^_^;)

s-IMGP2329.jpg
本当は星生山頂上で星を撮るつもりでいたのだが、
日が沈んでしまうと一気に気温も下がり雲行きも少し怪しくなってきたので下山することに。
木下さんは星生崎を下ってから下山になるため、一旦お別れして
私は頂上へ向かう。

s-IMGP2331.jpg
ライトつけずに頂上まで行けるか。

s-IMGP2337.jpg
なんとか行けた。
ここからはライトをつけて下山。

s-IMGP2340.jpg
薄暮色

s-IMGP2344.jpg
星は諦めていたが、久住山方面を見るとオリオン座が出ていた。
夜空ならゴミも写らないか。

s-IMGP2350.jpg
三脚は面倒くさかったので適当に下に置いて撮影(^_^;)
振り返ると遠くに明かりが見えた。天狗ヶ城の方だろう。
19:00頃下山。
木下さんから頂く約束をしていたものがあったので無事受け取り少しお話ししてから帰宅。
・・・・帰宅っていうか、もともと男池に移動して明日は大船朝駆けのつもりで来てたんだけど。
カメラの汚れが気になって朝駆けどころじゃなかった(笑)
まぁ、条件もそこまでよくないし、諦めはついたので。

コメントの投稿

Secret

一眼

こんばんは。
一眼は手入れが難しいんですね…
僕のやつはファインダーから覗くと指紋のようなものが見えます。レンズはキレイみたいなので、中なのでしょうか?
こないだ祖母山で撮った写真は真ん中らへんに、ゴミのようなものが!
キレイに撮れるということは、埃なんかもキレイに撮れてしまうのですね~(;´д`)
スポスポやるやつを買いました。しかしこれもカメラ内部をやるのは恐いです。奥の方に吹き飛んでいきそうな気がします…

Re: 一眼

cow-rancherさん、こんばんは。
コンデジならレンズを交換したりとかしないのでそんな心配もなかったのですが、
デジイチは気を使いますね~(>_<)
他の方は防湿の保管庫に入れたりとか手入れをしていると思いますが、
私の場合週2で持ち出すのでバックに入れっぱなしで管理が雑になっているんですよね(^_^;)
cow-rancherさんは私と同じメーカーだったと思いますが、
ファインダーを覗くと指紋のようなものが見えるならファインダーが汚れていることあります。
イメージセンサーが汚れているかどうかはダストアラートで確認できます。
それで確認してからスポスポするといいですよ(^_^)

悔やんでます。

私も土曜のam7:00ころは天狗ヶ城にいました。
ガス状態でしかも強風でしたので寒さに震えてそこそこに下山しました。
天狗には4~5名の常連の方だと思いますが青空になるのを
待っておられるようでした。
私は慎重に慎重にゆっくり下山し牧ノ戸峠駐車場には10:00前につきました。
そのころになって青空になりましたので、もちょっと粘ってとどまっていれば
nさんの写真の美しい風景が見れたのにと悔やんでます。

Re: 悔やんでます。

かずオジサンさん、こんばんは。
おぉ~、朝駆けだったのですね。お会いできなくて残念です(>_<)
ガスと強風の中粘り続ける常連の人たちは(私も含めて)ちょっと変人です(笑)
下山することが正解ですよ!!
とは言っても皆さん限界は見極めていますし、耐えうる対策をして向かっていますから。

世間で言う3連休、ずっと予報はよくありませんでしたね。
強風はともかく、あの霞が残念でした。
阿蘇山の噴煙の影響も少なからずあると思います。
桜島の噴火も心配ですね(+_+)
改めて考えると、山に登っていなかったらこんなに自然の脅威を感じることもないかもしれませんね。
どんな光景であろうと、それがありのままの姿。
無事下山して帰宅できていることに感謝することを忘れず登り続けたいと思います。

プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR