2014秋五家原岳~多良岳~経ヶ岳

1年半ぶりにこのルートを歩きたくなり(歩きたかったが、なかなか来れなかった)。
DSCF0072.jpg
歩くルートは前と一緒。
黒木登山口に行く前の駐車場に車を停めて7:15取りつき。
8:15横峰越
8:45五家原岳
IMGP0702.jpg
ここは展望があまりよくないのでサクっと進む。

IMGP0705.jpg
相変わらずキリのいい1000m中岳通過

IMGP0710.jpg
縦走路から五家原岳と中岳を振り返る。
金泉寺9:45通過

IMGP0712.jpg
国見岳に立ち寄り

IMGP0718.jpg
10:05多良岳
展望がよくないのでサクッと通過。

IMGP0729.jpg
前岳へ向かう途中。
今日は朝から寒く最初は手袋をしていたが、歩いているうちに暑くなるので外す。
手が冷たくなる。手袋する。暑くなる。外す。の繰り返しだった。
気温を確かめようと温度計を見るとマイナス5度。
マイナスはないよ~、と時計の温度計を見ると30度とか
そりゃないよ~。結局どちらも当てにならない。(温度計は壊れていたみたい。時計は買ったばかりだが、温度は当てにならないようだ)
とにかく北風が強く、この写真を撮っているときも飛ばされて落ちるかと思った。

IMGP0723.jpg
紅葉している木は少なかったが(そもそも紅葉する木が少ないのかな?杉が多いし)
黄金色に輝く葉っぱが綺麗だった~。

IMGP0731.jpg
前岳のピークも展望がよくないので、先ほどの場所に戻って休憩することに。
10:25~11:35休憩

IMGP0732.jpg
今日はバニラアイス味。トッピングにはチョコチップとドライフルーツ。

IMGP0749.jpg
チョコチップを入れると当然美味しい。たっぷり糖分を補給したのでこの後もしっかり歩かねば。

IMGP0734.jpg
今日歩いてきた稜線。

IMGP0750.jpg
今日は少し靄ついていたので普賢岳も霞んでいた。(肉眼では見えてるけど)

IMGP0744.jpg
この谷が綺麗だった。紅葉するのかな?したら綺麗だろうな。

たっぷり休憩、景色を堪能してから
多良岳には戻らず六体地蔵経由で金泉寺に戻り経ヶ岳へ向かう。
この先は少し迷いやすい箇所があるので注意しながら歩く。

IMGP0756.jpg
暗い森の中たまに覗く紅葉に癒される。

IMGP0759.jpg
そうそう、この楓。
真っ赤な楓もいいけど、この緑が入った楓が好き。

IMGP0761.jpg
ほら、生麩みたいでおいしそう(^_^)

経ヶ岳12:55~13:10
IMGP0766.jpg
右のテレビ塔の立つ五家原岳から歩いてきたんだな~。
奥に普賢岳。
山頂にいらっしゃった方と話していると、五家原から縦走する足があるなら郡岳まで行けるよと・・・
今日地図これしか持ってきてないしな~・・・
しかも駐車場からかなり離れているのでつげ尾まで戻らないといけない??
下調べなしでは無理です(^_^;)
でもいろいろいい山も聞けてよかった(途中上の空になってしまったけど・・)
「祖母・傾縦走のミニ版かな」と。確かに!!
この縦走ルートは結構好きなのでもっといろいろやってみたいな。

IMGP0767.jpg
↑郡岳まではさらにこの稜線を歩くことになる(笑)

下りはつげ尾経由で下る。
相変わらず大払谷のガレ具合のすごいこと。
足がガクガクなりながら14:10駐車場。

IMGP0771.jpg
経ヶ岳は頂上付近が大崩っぽくてカッコいいので途中で撮りたいんだけど、
木が多すぎてなかなか撮れないのが残念。
来年は春と、オオキツネノカミソリの時にも来てみようかな。
英彦山が来年当たればいいけど。

このあと平谷温泉に入りに行ったのだけど。
露天風呂に入ろうとしたら後ろから奥様が「水だよ~~」と。
文じゃ伝わらないけどイントネーションがかわいい(^_^)
夜はぬるくなるんだけどね~って・・・
私はのぼせやすいので露天風呂がいいのだけど仕方ない。
ぬるめのお湯と熱めのお湯2種類の内風呂があるのでぬるめに入る。
ぬ、ぬるすぎる・・・・・
1時間くらい入ってないとだめじゃなかろうか?
少し長めに入って熱めはパスして上がる。湯冷めしそうだ。

上がって髪を乾かしていると先ほどの奥様も上がってこられて
熱すぎて汗がひかないって。よかった、私絶対入れなかった。
「中間くらいの温度がいいですよね~」というと
「そうなのよ、さっき他の人とも話してたのよ。最近寒くて肩こりがひどいからせっかく来たのに。
 もうね~、年とると色んなところが痛くてね~」
温泉でここまで話しかけられるのも珍しい(笑)

温泉はちょっぴり残念だったけど、汗は流せてすっきりしたのでま、いっか。

コメントの投稿

Secret

なつかしいコース

nacchiさん こんばんは。
 
 なつかしいコースですね。
 熊本からバス・フエリーを利用して黒木から取りつき、五家原岳を過ぎた頃からはライト の世界でしたョ。
 
 五家原岳のテレビ塔は知らないが、山小屋の水の流れるトイレは印象的でした。
 このページは40年前の回顧でした。

Re: なつかしいコース

山靴さん、おはようございます(^_^)
なつかしいですか(笑)
今回は花がほとんどありませんでしたが、花の時期は足がなかなか進まなくなりますね。
このコースは大好きなのでこれからも最低でも1年に1回は歩きたいなと思っています。
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR