2014朝駆け⑰国見岳~

3時、アラームが鳴り飛び起きる。
途中何度か目が覚め、2時15分くらいにも目が覚めたのだが、
そのあと深い眠りに入りかけていたのでビックリ。
準備をしようと外に出てみると満天の星空。
よかった~、晴れそう。でも黄砂が気になる…・

準備を済ませてから第2吹越に移動しようとすると、
唯一私が昨日駐車する前から停まっていた車から男性が出てきたようだ。

第2吹越駐車場に着くと車はなし。(昨日通りかかった時は2台停まっていた)
3:25取りつき
途中ライトが消えた。
そろそろ電池が切れるかなと思っていたので電池はすぐ出せるようにポケットに入れていたが
交換するのは勿体ないと暗いライトの方で(明るさが2段階になっているヘッドライト)登った。
4:20国見岳

IMGP5757.jpg
妙見岳の方にライトが一つ見えたので、池ノ原園地に停まっていた車の男性かな?

IMGP5761.jpg
やはり霞がひどく、黎明も汚い。
風はなく気温は10度だが、汗をかいているうえ冷え性なので寒くなりジャケットを着て待機。
そろそろ日の出というところでこの場所ではよくないなと思い始めアタフタ。

IMGP5773.jpg
妙見岳方面

IMGP5774.jpg
下に下りてから国見岳の斜面
ここからじゃ日の出は見れない。
さらにアタフタして
IMGP5779.jpg
ご来光の見れる位置は見つけたが、たいした光景ではなかった。
IMGP5782.jpg
光があたるまで待機したいところだが、移動。
~5:25
IMGP5790.jpg
鬼入谷口付近まで下りてから帽子をかぶろうとすると、肝心の帽子がない・・・・
国見岳に落としてきたかな~。
ここからなら戻るにも負担はないなと再び登り返す。
5:45 2度目の国見岳山頂
しかし帽子は見当たらない。
あ~、最悪のパターンだ。それ以前に落としたんだな。
これ以降は日焼けの事ばかり考えながら登る(^_^;)

IMGP5801.jpg
帽子と日焼けで頭はいっぱいだが、下るとき写真だけはしっかり撮る(笑)

IMGP5806.jpg
鳩穴分かれより
左奥の三角の山が九千部岳、
中央奥に霞んで多良岳が見える。

IMGP5818.jpg
平成新山

IMGP5819.jpg
6:45普賢岳

IMGP5829.jpg
国見岳頂上に1人見える。

IMGP5834.jpg

IMGP5848.jpg
シロドウダン

IMGP5856.jpg
アキグミ

IMGP5853.jpg
眩しい縦走路
7:35ロープ―ウェイ乗り場前

IMGP5857.jpg
コツクバネウツギ
8:00妙見岳

IMGP5866.jpg
最後に分岐で国見岳を眺めて下山

IMGP5870.jpg
オウギカズラ

IMGP5872.jpg
ツクシタツナミソウ

IMGP5877.jpg
ナルコユリ

IMGP5879.jpg
ニョイスミレかな?

気になっていた帽子はやっぱりこの道に落ちていた。
前回来た時も第2吹越~分岐間で帽子を落としていたのでここでは毎回帽子を落とすのか。

登山口付近で年配の男性と出会ってお話ししたあと
別れ際にその方が77歳だと言われ驚いた。
自分がその年になった時同じように登れているんだろうか。
とにかく、お話しして元気をもらった。
山で出会う方は大抵その時限りの出会いだが、こうやって元気を頂けるので
山での出会いを大事にしたいと改めて感じた1日だった。

8:45駐車場
この時間開いている温泉を探して『雲仙よか湯』が9:00~だったので向かう。
石鹸しか置いてないが
山に行くときは常にシャンプー・トリートメントは持って行っているので問題なし。
まぁ、私は汗を流せればこだわりはないので。

14:00前には福岡に帰宅し、洗車・洗濯・写真の編集・・・・
昨日の記録をアップしたら今日の夕食
DSCF9770.jpg
キノコとウインナーの塩麹炒め
お麩の卵とじ
長茄子のおろし煮

ごちそうさまでした。

今日の記事をまとめている途中ウトウトしてしまったが、何とか更新!

コメントの投稿

Secret

お疲れ様でした

朝早くから高千穂の峰から大浪池、韓国岳を踏破して8時間の運転ほんとうにお疲れさまでした(^-^)

僕も身体を鍛えなおして、もう少し山に登ろうと思います。

素敵な写真撮れてますね、先日から連日のように黄砂が降ってて、視界が10km満たない状態で残念でしたね。

ここのコメントからリンクするURLはamebloのブログです、こちらも覗いてください「mariokunのブログ」です。

また、どっかの山で出会えるといいですね(^-^)

Re: お疲れ様でした

こんばんは。もう一つのブログの方も拝見しました。
それにしても喘息のような症状が出て大変だったのですね。
小さい頃から健康そのものの私でものどに違和感を感じるような空気です・・
頂上から他の山をくっきりと見渡せる日がラッキーなことになってきました。

またどこかの山でお会いしたいですね。今度はすっきりしたお天気の日がいいですね(^_^)
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR