2014朝駆け⑧天狗ヶ城~

昨日仕事帰りに山を見たら霞んでいたので今日もどうかなと思いながらも準備。
プランとしては①由布岳に朝駆け後九重夕駆けか、②男池から大船、黒岳かの考えもあったのだが、
結局いつも通り牧ノ戸から。
駐車場に着くとすでに車がたくさん駐車されているが、
除雪された雪が道路側に溜まっているため停めるスペースが少なくなっているまま。
なんとか登山口下階段前にスペースがあったので駐車。
隣の車を見ると木下さんのようだ。
すでにほとんどの人が登った後だが、準備中も登って行く人がいたので
今日は早めに登っておいた方が良いようだと4:10取りつく。

ブロッコリーの丘を過ぎてしばらくすると木下さんに追いつく。
先に行かせてもらい、避難小屋前5:10通過
天狗ヶ城の手前でボッチさんに出会う。
直接天狗ヶ城に登ろうとしたのだが、トレースがない為御池を経由し吊り尾根経由で向かうことにする。
ボッチさんは中岳に向かわれるということなのでお別れし、天狗に向かうのだが・・・
ここ数日の間に登っている人がいるはずなのにトレースがない。
いつも登っている正規のルートで向かうが、途中腰までの深さの吹き溜まりがあり、必死にラッセル。
早く登るんじゃなかった(^_^;)
5:50天狗ヶ城
着替えて待機。
その後、大暇さんsanpoさんhigetiasさん&mamatiasさんryonaさん、ゆみさんが到着。
IMGP3573.jpg
北尾根に下り日の出を待つ。
今日は霧氷はないが、氷のオブジェがたくさんあって面白かった。
IMGP3593.jpg
枝がないタイプ

IMGP3595.jpg
枝つきタイプ

そうこうしているうちに木下さんも下りてこられた。
IMGP3599.jpg
おお、しばらく登ってなかった間に太陽の位置がこんなところに。

IMGP3605.jpg
天狗ヶ城の頂上のほうが日の出を見るのが遅くなったわけだ。
一通り撮影したら頂上に戻って2度目の日の出を待つ。
頂上だと位置が悪かったので、少し下に下りてから再び待つと
IMGP3611.jpg
うん、この位置。

IMGP3620.jpg
ダイヤモンド中岳ゲット(^_^)

IMGP3622.jpg
今日はやっぱり霞があったので綺麗に染まりきらなかった。

IMGP3623.jpg

中岳へ移動。
IMGP3628.jpg
登りは正規のルートからかなり右側になっていたが、正規のルートを開拓する力はここでは使わず取っておく。
中岳ではゴリさんにお会いした。

IMGP3629.jpg
阿蘇もぼんやり。

sanpoさんからおいしいイチゴを頂き、パワーをつけてから移動する。
稲星山へに向かうルートも誰か通っているはずなのに、今日はトレースがない。
凍った雪を必死に割り、膝まで、時には腰まで埋まりながら進む。
ロープゾーンを通過すると、
IMGP3630.jpg
梯子がない。(上から見たところ)
完全に埋まっており、ここが一番苦戦したところ。
角度があるから梯子があるわけで、ここで滑ったら転げ落ちてしまう。
5分以上かけてなんとか通過
IMGP3632.jpg
結局梯子は出てこなかった。多分トレースの右側に埋まっている。
この後も何度も腰までハマり、たまに正座して膝で歩くように進む(その方が沈まずに進める)
この辺りからは池の小屋からも見える位置なので、
まだ分岐にも下りれていない状態を心配されていそうだと思いながらも、恥ずかしくて小屋の方を見れない(笑)
分岐を過ぎていよいよ稲星の登りになってもこの状態は続き・・・・
IMGP3637.jpg
あるのは動物の足跡だけ。
稲星山9:05
中岳を出たのが大体7:45くらいだったと思うので、
普段20分くらいで着くところを1時間以上もかかっての登頂

IMGP3639.jpg
阿蘇方面

IMGP3642.jpg
一応今日のガメラ
暖かかったのでここでパンとココアとスープを食べ9:50久住へ向かう。
久住に向かって少し下りかけたとき、久住方面から男性が登ってきている。
よく見るとトレースがついているようだし(^_^)
近づいてみるとm.saitoさん
まぁ、こんな時にこのルートを登って来る人はそんなにいないので、なんとなく予感はしていた(笑)
「久住から来られました?」ラッセルしなくてラッキー!と思って尋ねたら
m.saitoさん、ワカンでした~
再びのラッセル覚悟で久住に向かうと、当然深かったが、中岳~稲星山のラッセルよりは楽だったのでホッとした。

IMGP3649.jpg
10:30久住山より
5分ほどしてから下り始めたが、ついにきた!!
両太ももが攣り始め、痛みと闘いながら下りる。
痛かったが、星生山を飛ばすわけにはいかないので向かう。

IMGP3652.jpg
ガスのような雲が出てきた。

IMGP3656.jpg
木の枝は周りになかったが、なぜか一本だけ伸びる氷柱

IMGP3661.jpg
星生山11:40
佐賀から来られたという2人組とお話しし、下山。
池塘あたりで再びhigetiasさんとmamatiasさんにお会いし、お連れの方がいらっしゃったので
先に行かせていただく。
扇ヶ鼻に心ひかれたが、絶対また攣るので諦める。

12:50駐車場

今日は夕方までいるつもりではいたが、霞もあったため帰宅。
その分歩いたからいいかな。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガメラ:日本全国ガメラな風景 2014/03/04

 本日四本目の更新です。 一本目「 ゲーム情報 14/02 」はこちら。 二本目「 アグレッサー・ガメラ /03/04 」にはこちらより。 三本目「 ライヴガメラ /03/04 」は、こちらから。 前回の更新「 ガメラの風景 /02/21 」の続報で、 本項では、ガメラ岩やガメラ島など自然の風景...

コメントの投稿

Secret

No title

梯子の消えた中岳は下りちゃダメですよ!~~恐怖と言うSWが壊れてませんか?(笑)
ダイヤモンド中岳、見事に撮影されましたね。お見事!!
我が道を進むnacchi***さんに拍手&心配をお伝えしておきますね(笑)

Re: No title

紋次郎さん、こんにちは。
梯子部分は斜面が90度に近く、しかも雪が凍って固かったので割るのにかなりの時間がかかりました。
天狗で木下さんと「今日は稲星~久住は泳がないといけないから行かないほうがいいよ」なんて話していたのですが、そう言われたら行きたくなるもので(笑)木下さんも分かっていたようですが(^_^;)
恐怖はなかったのですが、ちょっと焦りました。先週皆さんが苦労したラッセルとはまた別物だと思いますが、いい特訓になりました!

No title

今日は
ダイヤモンド中岳綺麗ですね!


先週の積雪はすごかったですが今週も沢山ですね、来週は残っていないかな?
こんなに積雪する事があるなら来シーズンに備えてスノーシューの購入しようかと思ってます。

Re: No title

ノリさん、こんにちは。先週はラッセルお疲れ様でした。
すっかり固くなった雪を割ってのトレース作りは苦戦しました。
来週も雪は残っていると思いますよ。色は悪くなっていそうですね。
スノーシューは高くて手が出せずにいますが、これだけ苦労するなら手に入れたいですね。

実は昨日から大山に無性に行きたくなっていたので、ノリさんの写真見て「くやし~!」ってなってます(笑)

No title

nacchi***さん、こんばんは。
先日は天狗へのトレースありがとうございます。
僕らが池の小屋でダベっている間に必死にラッセルされていたんですね。
ちょっとの差でしたが、おかげで楽ちんさせて頂きました(喜)。
遅い時刻からのスタートでもラッセル・アルバイトさせられては敵わないですね(笑)。
リンクリクエストありがとうございます。 僕も早速リンク貼らせて頂きました。
次はエルと一緒にお会いしたいです。

Re: No title

higetiasさん、こんばんは(^_^)
避難小屋通過5:10をなぜか6:10だと思ってしまい、日の出まで時間がないと思って向かったのですが1番乗りでした(^_^;)
ボッチさんにhigetiasさん&mamatiasさんが来られていると聞いていたので、天狗に登ってこられたとき分かったのですが、人見知りのこの性格(>_<)一度お会いしているのに積極的に声をかけられず失礼しました。
いつもsumiさんが気を使って皆さんとの間を取り持ってくれているんですよ(笑)
リンクずっと貼りたかったのですが、直接お願いしようと待ちに待ってようやく果たせました。ありがとうございます。朝駆けだと難しいですが、エルちゃんに会える日を心待ちにしています(^^)v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

22日、たぶん沓掛の手前でかる~く抜かれちゃいました。。。
ちょいと休憩して追いかけようと思いましたが、噂通りの速さに追いつくどころか、
どんどん離れちゃいました(^_^;)
ご来光と朝焼け、とってもきれいですね(*^_^*)

Re: No title

けんさん、こんばんは。
コンクリート道の所ですか?駐車場のところで挨拶してくれるなんて珍しいななんて思ってたんですけど(笑)
ブログ拝見した後、もしかしてあれってけんさんだったかな?と思ったんですが。

天狗から『星生山は今日は日と多いな~』と眺めていました(^_^)
私は今月休みと天気がなかなか噛み合わずやきもきしていますが、けんさんは厄払いのおかげでこれから撃沈から抜け出しそうですね^m^

プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR