2016 紅葉の妙義山

前日道の駅みょうぎにて車中泊
夜中車が揺さぶられる強風で目が覚めたが、雨なんじゃ…いや、外は見ないでおこうとそのまま眠りの中へ。
6:00にアラームがなったが、寒くてシュラフから出たくない~~2度寝
6:30にエイヤ~っと起きて外に出ると超晴れてるし、目の前にはど~~んと妙義山。
こんなことならもっと早く起きるんだった。モルゲン妙義山見たかった(>_<)

そう、今回の遠征の本命の山は妙義山。
今年の赤岳遠征時の帰りの高速で見て「なんだ!この山は!!」と一目惚れした山だ。
山容フェチの私の心を一瞬で奪い去り、ずっと頭から離れてくれない。
会いに来たよ~(´ー`)

aNNA71785.jpg
7:00取りつき

aNNA71786.jpg

aNNA71790.jpg

aNNA71793.jpg
とりあえず登りながら適当に撮影していったけど、帰宅して妙義神社について調べたら結構綺麗な装飾とかあって
もっと真剣に眺めてくればよかったと後悔。基本山しか頭にないからね~

aimg_0[1]
今回はネットでダウンロードした登山マップを使わせてもらいました。
それと別にネットからダウンロードしたマップも持参。
まず妙義神社から中間道の方へ向かう。

aNNA71812.jpg
分岐

aNNA71796.jpg
真ん中に見えてる大の字に行く

aNNA71797.jpg
昨日の疲れが少しあるのか本調子ではないけど、カッコいい姿と眺めながら登る

aNNA71809.jpg
上に登るにつれ紅葉も見られたので癒された

aNNA71801.jpg
そして大の字までやってきた
ここで大の字になって自撮りしたかったけど、こっち側の幅が狭く三脚もないので断念

aNNA71803.jpg
今日は強風が吹き飛ばしてくれたのか見通しがいいみたい。

aNNA71805.jpg
振り返れば、はぁため息の出る姿
さて・・・どうするかな

aNNA71811.jpg
辻まで戻ってきた。
ここから相馬岳に登るか悩む。
地図を確認・・・
「滑落事故数件あり、ルンゼ内直立4連30m鎖」・・・か。
実際見てみないと分からないけど、今日の荷物で登れるかどうか。
ここまでザックが岩場に引っかかるし、前に着けてるカメラバックが足に当たって岩場は登りにくいし・・・・
う~~ん・・・登りたいけど岩登りの技術は全くないし、この荷物となにより重たい自分を支える腕力があるかどうか。
・・・・諦めて分岐に戻ろう。
第一美晴まで戻り中間道に復帰

aNNA71815.jpg
途中の大黒の滝、水量はほとんどなかった。

第2美晴からの展望
aNNA71817.jpg

aNNA71819.jpg

aNNA71820.jpg
いいね~~

aNNA71822.jpg
登山道はまだ紅葉のピークには早いけど、太陽が出るとキラキラして綺麗だったな

aNA724571.jpg
季節を間違えたツツジが咲いてたりして

aNNA71823.jpg
タルワキ沢分岐に到着
ここから相馬岳を目指す。
しばらく登っていくと足が進まなくなってきた。
足が攣っても嫌だし、休み休みいくか・・・・とチョコを頬張る。
するとさっきより元気になった(^O^)
おなかは空いてなかったけどエネルギー足りなかったんだろうな。
調子を取り戻し
aNNA71824.jpg
分岐
ここまでは涸れ沢を登ってきたので風はなかったが、ここから風が強くなって寒くなってきた。

aNNA71833.jpg
また季節外れのツツジ

aNNA71826.jpg
相馬岳山頂

aNNA71827.jpg
おぉ~~~、カッコいいね~~

aNNA71829.jpg
浅間山は雲の中だ~。雪降ってそうだな。
ここの天気はいいけど、昨日行った山なんかはガスってそうだ。
天気がいいって言っても雲が増えてきて太陽が隠れ、日が当たらないと寒い。
元来た道を戻って中間道に復帰しよう。
中間道に戻ってからが長く感じた。だってこっちから廻ると上りが多い(^_^;)
後ろから熊鈴が聞こえるな~と思って振り返ったら50代くらいの女性が颯爽と抜き去って行った(笑)
・・・・ゆっくり行こうっと。

aNNA71849.jpg
鉄製の階段が長く続くところで撮影

第4石門付近の岩場に着いた
aNNA71851.jpg
大砲岩

aNNA71852.jpg
大砲岩の上からの景色
逆光~

aNNA71857.jpg
右下に第4石門が見える

aNNA71858.jpg
後ろ側

aNNA71862.jpg
街もよく見える

aNNA71865.jpg
第4石門

aNNA71870.jpg

aNNA71873.jpg
こっち側からの写真をよく見かける。
少し紅葉も進んでいてよかった。ピークはもう少し先かな?
ここまでは中之岳駐車場から近いので人が多かった。

第3石門はパスして第2石門、第1石門を経由して下る。
aNNA71874.jpg
「つるべさがり」とあるけど

aNNA71875.jpg
登ってきたので「つるべあがり」かな
登りきったところの岩場にザックが挟まって苦戦した。

aNNA71876.jpg
そこが第2石門

aNNA71880.jpg
第1石門

aNNA71882.jpg
一旦車道に出てしばらく下っていくと左手に一本杉と書かれた登山道があるのでそちらに入る。
ここを通ると車道を通らずショートカットできる。
再び車道に復帰して30分くらい歩いて駐車場へ。
この間肩が痛くて辛かった(T_T)
カメラバック変えても肩の痛みは相変わらず。歩荷で痛いのは仕方ないけど、軽めにしてきてもこれだから。
いつも下山後肩が真っ赤に腫れるからなんとかならないかな・・・・
13:45下山
「モミジの湯」に立ち寄り汗を流す。
ここの露天風呂からは妙義山が眺められるのでいつまでも入っていられそうだ。
周りの人もみんな妙義山を眺めている。みんな好きなんだな~
っていうか、目線に困るから見てるのかな(^_^;)
「最近滑落したっていう人はどうなったんだろうね」
「落ちるときは落ちるからね~」っていう会話に思わず笑いが。
遠征に行くと温泉での会話結構聞こえてくるけど、群馬は標準語なんだよな~。
方言を聞くのがおもしろいのに。

名残惜しいけど・・・・また来るからね、群馬。
仮眠をとりつつ10日の昼には帰福。
博多駅前の道路陥没なんて全然知らなかったから帰ってビックリしたよ。
さて、タイヤいつ変えるかな(^_^)
お疲れ様でした~

コメントの投稿

Secret

自分、8年前にザックひかかり、貴女のブログ見て思い出し笑いだよo(^-^)o、楽しんで下さいね、

Re: タイトルなし

こんばんは〜(*^^*)駐車場でお話して以来お会いできず残念です。
話だけは皆さんから聞いているのですごいな〜〜と憧れています(^_^)かっこいいな〜〜
他の方の記録見てると表妙義は鷹戻し以外はそこまで難しくないみたいですね。滑落事故が多いから少しオーバーに表現してるところがあるかもしれませんね。
今回は諦めましたが、今度は荷物軽めにして挑戦できたらな〜〜なんて今から考えています( ^ω^ )

No title

こんばんは
紅葉も見ごろも様だし、岩場も楽しそうだし。
行くなら今頃がベストの様ですね。
写真で紅葉楽しませていただきました。

Re: No title

一応例年の紅葉の時期に合わせて行ったんですか、今年は少し遅かったのか?下の方はまだまだでした。
でも天気に恵まれてホッとしました^_^;
主要な岩場は今回通っていませんが、それ以外も歩きごたえありましたよ(^_^)
群馬の山はまだ残っているのでまた合わせて行きたいと思います。
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR