2016南八ヶ岳

1月の遠征は雪など関係ない山を廻ろうかと思っていたのだが、
今季の暖冬の影響で全国的に雪不足。
そこでもしかしたら11月に行く予定だった赤岳と鳳凰山に行けるかもと天気と睨めっこの日々。
13日ギリギリまで迷ったが、何とかいけそうだったので早朝仕事を終え半休を使って移動。
13日のうちに美濃戸口に到着できそうだったので、着いたら仮眠を取ろうと思ったが、
よく考えたらそれだと深夜割がきかないと気付き諏訪湖SAで3時間ほど仮眠を取ってから4:30頃美濃戸口へ。
空には星が輝いている。
準備して5:00取りつき。
aDSCF0758.jpg
やまのこ村の駐車場まで車で行けるが1000円なので八ヶ岳山荘の駐車場からてくてく歩く。
35分ほどでやまのこ村通過。
南沢コースで行者小屋へ向かう。
途中から視界が開け、山が見え始めた。ちょっとガスっているようだ。
赤岳の稜線を見るとすでに山頂に向かって登っている団体さんが目視できた。
赤岳鉱泉からかな?
aIMGP5029.jpg
し~んとした行者小屋。
水場のつららを食べて先に進む。

行者小屋からしばらくはそのまま登っていたのだが、足が全く動かなくなってきた。
数歩登っては立ち止まる・・・・調子が出ない。
というのもすでに靴づれでアキレス腱の部分が痛くて仕方がないのだ。
それに雪が中途半端で滑るので、とりあえずアイゼンを着けて登る(少しマシになった)。
ついでに上着やネックウォーマーなど足して山頂の寒さに備える。
それにしても寒い・・・
-25℃くらいまで耐えられるはずの手袋をしているのにすでに指先が凍えて動かなくなってきた。
髪の毛も真っ白に凍り、久しぶりに雪女nacchi***に変身。
あ~、もう下山したい(^_^;)

aIMGP5030.jpg
でも途中姿を現した中岳に励まされながら1歩1歩進む。

aIMGP5032.jpg
赤岳山頂は見えたり隠れたり。
私が着いたときは晴れてくれ。

aIMGP5034.jpg
阿弥陀岳が見たかった~。山頂は見えなくとも見えている部分だけでかっこよさが伝わってきた。
山頂まであと一息というところに着くと

aIMGP5037.jpg
あ~、もう少し早く登れていれば中岳とコラボできたのに~。

aIMGP5039.jpg
そして赤岳山頂9:30
時間かかり過ぎた
そして誰もいない・・・

aIMGP5044.jpg
強風で雪の粒が顔を容赦なく攻めてくる。

aIMGP5048.jpg
ガスの向こうに一瞬南アルプスや富士山が見えたのだが、
完全に撮影できるまで待つには寒すぎる。
ゴーグルを装着して先へ進む。

aIMGP5050.jpg
振り返った時富士山が見えたが、逆光でよく写ってなかった(真ん中)

aIMGP5053.jpg
地蔵ノ頭到着。
『お地蔵さま。私このまま地蔵尾根を下っていいでしょうか』
『・・・・・・』
『・・・・・・』
『・・・・・・』
『・・・そうですね。歩きます』
自分に負けそうになったが、予定通り横岳へ向かう。
孤独な稜線歩きが続く。

aIMGP5055.jpg
途中何も景色が見えなかったのでいきなり山頂(11:00)

aIMGP5056.jpg
撮ったらすぐ進む。
ここまでも十分強風だったが、ここから先がさらに強かった。
途中、踏ん張っていないと飛ばされて前に進めないほどの風に翻弄され、しばらく動けなかった。

aIMGP5057.jpg

aIMGP5060.jpg
あ、写真で見たことあるケルン
これのおかげでガスの中歩けた。

aIMGP5064.jpg
11:50硫黄岳

aIMGP5065.jpg
爆裂火口もなんも見えない

あ~、早く下りよう。寒い~(>_<)

12:40赤岳鉱泉
aIMGP5072.jpg
アイゼン外していたのだが、アイスキャンディから下の方ガッチガチのスケートリンクになっていて、
北沢から登ってこられた方もこの先凍ってるから付けたほうがいいよと言うので再び装着。
雪のないところと凍っているところが混在していて下りにくかった。
そしてもう靴づれマックス。
登りはアキレス腱、下りは指先。
指は肉刺が潰れ、親指の爪は内出血。
もう裸足で歩きたいくらいだったが、先は長い。
途中で靴ひもゆるめてぶかぶかの状態で歩く羽目になった。
「明日歩けるだろうか・・・・もうこの靴履きたくないな。」とか考えながら歩いていると
あれ?持っていた手袋が片方ない!!
・・・・歩いて取りに戻るのはもう嫌だ。駐車場まで戻って車で探しに行こう

駐車場まであと少し・・・やまのこ村の方から車が下ってきた。
私の横で停まったので「・・・もしかして」と期待しながら振り向くと
やっぱり手袋拾ってくれていた(T_T)
「わ~、車で取りに戻ろうと思っていたんです。助かりました!!」
辛い一日だったが一気に気持ちが楽になった瞬間だ。

ということで写真少なめだが、下山14:40
下山後駐車場の料金を払いに行くとコーヒー1杯タダ(コーヒー\500)だった。
その後『もみの湯』に入って明日のことを検討。
鳳凰山のつもりだったが風速22メートルの暴風予報。
それでなにも見れなかったらな・・・・・
悩んだが、鳳凰山はいい景色を見たい。また来ればいいか。と
冬毛のまんまる雷鳥との遭遇やワインを諦め別の山を検討。
天気を調べたら移動圏内の両神山がよさそうなので変更して向かう。
途中地元の特産品とか売っているところにワインの文字が見えたので長野ワインをちゃっかり購入。
明日はいい天気だといいな。

コメントの投稿

Secret

さすがです

こんばんは、sadaです。赤岳に行ったんですね。しかもこの冬の寒い時に。さすがです。とゆうか、無事に帰ることができてよかったですね。なんか壮絶な山登りだったんですね。今年の冬は暖冬、雪不足などと言われていますが、さすがにこの時期の八ヶ岳、厳しそうですね。
赤岳はいつかは行ってみたいと思っていますが、軟弱な自分としては穏やかな季節に登ろうと思います。
遠征お疲れさまでした。

Re: さすがです

sadaさん、おはようございます(^_^)
例年の八つなら行きませんでしたよ、1人ラッセルはツラいし(^_^;)雪が少ないことが分かっていたから行きました。
ただ日程的に風が強いのは避けられそうになかったので、そこだけが心配でしたね。
百名山の赤岳は済ませたので、次回行く時は権現岳や編笠山、阿弥陀岳なども歩いてみたいです。
大山は残念でしたね、しかもこの時期有料ですもんね(笑)

怖い・・・

髪の毛が白くなったなっちさんの雪女姿。
山のガスの中から突然現れるのを想像するだけでも怖い・・・(@_@)
できれば、白っぽい浴衣姿なら完璧!!

ルーチンの落とし物も回収できて良かった良かった。
何より、なっちさんが無事帰福できて良かった~ (^^)

Re: 怖い・・・

髪の毛だけではなく、あらゆるものが凍っていきましたよ(>_<)
私が今使っている温度計、-13度を下回ると動かなくなるので本当の気温が分かりませんが、-20度くらいあったかも。

手袋はそれなりのお値段なので親切な方が拾ってくださり助かりました~~)^o^(
今週は雪積もりそうですね。
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR