2015秋 雨飾山

雨飾山、以前紅葉の写真を見てからずっと秋に行きたいと思っていた山。
去年行く予定だったが、台風がやってきたため中止。
今年こそはと例年の紅葉ピーク20日前後を狙って連休を取った。
ところが全国的に紅葉が早まり、出発1週間前にはピークは過ぎたようだった。
どうしようかと迷ったが、休みが変えられない以上行けるときに行くしかない。

18日仕事を終えてから用事を済ませ、17時頃福岡出発。
途中10~15分くらいの仮眠を4度ほど挟みながら、ほぼぶっ通しで長野入り。
登山口に近づく頃には太陽も顔をだし、黄金色に輝く木々を見ながらの到着。綺麗だった~。
6時40~50分ごろ雨飾高原キャンプ場に到着。すでに満車に近い。
平日なのでギリギリ空いていたが、これが土日祝日だったら停めれなかったな。
aDSCF0629.jpg
布団菱の光景が見たかったので、下の雨飾高原キャンプ場から雨飾山までのピストンだ。

aIMGP3138.jpg
7:00取りつき

aIMGP3144.jpg
まだ日陰が多いので紅葉もよく分からず、下山時にじっくり眺めることにする。

aIMGP3145.jpg
ブナ平 7:30
ここから先行する登山者を抜くことが多くなり、少しずつギアが入ってきた。

aIMGP3153.jpg
そして楽しみにしていた荒菅沢出合からの布団菱の光景。
ただ20名以上の団体さんがいてゆっくり撮影できそうになかったのでここも下山時にゆっくりと。
さて、この団体さんに「追い抜きありま~す」と譲られたもんだから、急いで追い越すしかなく(^_^;)完全にスイッチが入ってしまった。
残りの山行の為にはゆっくり行っとけばいいものを・・・

aIMGP3154.jpg
笹平から雨飾山への稜線

aIMGP3161.jpg
9:02雨飾山北峰
双耳峰なので、この奥が
aIMGP3164.jpg
主峰

aIMGP3166.jpg
山頂から登ってきた笹平方面
奥に立派な山(猫耳みたいなの)があるな~と思いながら眺めていたのだが
帰宅後調べたら左が焼山で右奥が火打山(明日行く山)だった。

aIMGP3167.jpg
今日は天気はいいが霞が少しある。でも北アルプス見えてます(^_^)

aIMGP9572.jpg
ねっ

山頂はあまり広くなく、しかも小さい虫が多くてあまり長居したくなかったので下りることに。
登ってくる登山者を交わしつつ元来た道を下る。
でもさっきと見る光景が全然違う。下ばっかり見てたからな

aIMGP3179.jpg
あと1週間早く来れてたらね~(そうなるとくじゅうが行けなかったけど)

aIMGP3182.jpg

aIMGP3188.jpg
今はないけど、夏までここに雪渓が残っているらしい。その光景もいいな~と妄想。

aIMGP3196.jpg
振り返って。

aIMGP3198.jpg
全体的に枯れて落ちかけている葉が多いのだけど、

aIMGP3203.jpg
下りながら何度も振り返っているうちに素晴らしい光景に出会う。

aIMGP3204.jpg
ここのブナの木、とっても素敵。

aIMGP3219.jpg
ただこの立派なブナの木達に赤のペンキのマーキングがあるのが残念。
さらに名前や絵を彫っている木もあってそれがさらに気分が悪い。
生きているのにね。

aIMGP3220.jpg
「ニヤリ」って感じかな?

aIMGP3227.jpg
下の方はまだ少し紅葉も残っていてなかなか足が進まない。
登りより下りの方が時間がかかるという。

aIMGP3228.jpg

aIMGP3233.jpg

aIMGP3236.jpg
あ~、悩んだけど今日来てよかった(^_^)
いつか最高の状態の時に来れたらな~。
11:20下山。
温泉の前に近くの紅葉が有名な鎌池に立ち寄ってみた。
行くまでの道は綺麗だったけど、池の周りは・・・・・
後から歩いてきた夫婦の会話では「あ~、今年は全然だめね。一昨年がよかったね~」だそうです。
一枚も撮影せず温泉に向かう。
とりあえず早く入りたかったので雨飾荘へ(700円)。
温泉から上がり明日の登山口まで移動しようとしていると、下の方で水を汲んでいる夫婦が。
「おいしいのかな?」と思いながら、明日の水を調達しないといけなかったので
タダで美味しい水が手に入るならといそいそ汲みに行く。

明日の登山口である笹ヶ峰は雨飾高原から近いのだが、近道が通行止めらしく
かなり迂回してから到着。時間はたくさんあったのでいいけど。
夕食を食べて寝ようかなとしたら冷え込んできたので、持ってきていたフリースを着ることに。
山頂で寒かったら着ようとザックの横に留めていたのだが、いざ着ようとすると
『ギャ~、冷たい(>_<)』
ザックの中のハイドレーションからまた水が漏れて1.8ℓの半分くらいの水がフリースによって吸水されていた・・・・・
フリースが吸水してくれたおかげで車の中はあまり濡れなくて済んだけど、一度も着ることなくカバンの中へ。
仕方なくダウンを着てシュラフに包まり就寝。ほとんど起きることなく爆睡。
明日は長丁場だ。

コメントの投稿

Secret

もうハイドレーションやめましょう❌
水筒がいいっすよ水筒!!
山頂で飲む冷たいお茶がうまい😂
冬は温かいココア😂

Re: タイトルなし

はははっ(^o^)私ハイドレーションネタ多いですもんね。
でも歩きながら飲めるからいいんですよ。そうしないと私水分摂らないから。
飲む瞬間息が止まるから太ももに乳酸溜まってるな~って感じますけどね。
水筒もたまに持っていくんですよ(^_^)
夏場に一回ハイドレーション凍らせたのがまずかったのかな~?相性のいいのを探します(懲りてない)

いいなぁ!

雨飾山イイですね。前から憧れて、リストアップしたまま(^_^;)
ブナにいたずら描き残念ですが、関東の山に多い?前に会津駒ヶ岳でも軒並み傷付けてあったので登る気が失せた事も。多分我々世代が昭和3〜40年代登山ブームの時刻んだのでしょう。同世代人として恥ずかしく思います。個人の山でないのにと、嘆いております。ところでハイドレーションの件、今使っているメーカー:souceはプラスチック臭が付かないしgood!ですよ。
まだ続き見させて頂きます。伯耆大山のブナも葉っぱが枯れて、傷んでいました。台風の影響でしょうね。今の気象は樹木にはキビシイようですね!

Re: いいなぁ!

雨飾山、去年行けずに今年は絶対行きたいと思っていたので実現できてよかったです(^_^)
向こうの紅葉はやっぱり九州とは違った魅力があっていいですね。
ピーク時ではありませんでしたが、雨飾山はまた行きたいと思ったくらいなのでぜひ行かれてください。
ブナの木のマーキング、テープじゃダメなのかな?とちょっと悲しくなりました。
雪の多い地域だからなにか理由があるのかな、とか考えたけど・・・・・
それよりも彫られた落書きですね。いつごろ彫られたかは分かりませんが、今でも落書き等はあることなので悲しいですよね。
ハイドレーションの件、早速メモりました!いろいろ検討してみます。
まぁそれよりも先に登山靴を買わないといけないんですけど(^_^;)
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR