2018春 藤原岳

仕事が落ち着かず遠征もままならないんだけど、2連休どうしようか。
今年は新たな貝母の旅は諦めていたけど、セツブンソウが見れなくて寂しく思っていたので
まだ咲いていそうな藤原岳へ再び行ってみる。
藤原岳と言えば去年の4月に登って、下山時に道を間違い全く別の登山口に下りてみるというミラクルを起こした山だ。
間違った箇所は分かっているけど、念のため今回はスタートからログを取っておく。

28日仕事を終え夕方福岡を出発。
高速を走っているのにナビ様が途中一般道を走っていると錯覚(しかも道路じゃないところ)
そういえばこんな道走ったことないんですけど・・・
新名神全線開通?知らなかった~
ナビ様アップグレードとかしてないから新しい道路に弱い。
なんとか知っているところにつながったので(´▽`) ホッ
前回仮眠を取った道の駅菰野に向かうとなぜかたくさんの車が止まっていたので
登山口近くのセブンの駐車場をお借りして数時間仮眠。

6時過ぎ孫太尾根の登山口に着くとすでに3台の車が。
準備して取りつき。
去年は道迷いの記憶が鮮明で前半の疲れを忘れていたけど、このルート結構急登でふくらはぎにくるんです。
3月の朝だというのに暑くて汗ダラダラ。
aNAN11838.jpg
ミツバツツジ
たまに現れる花に癒されながら登る。

馬酔木とかシキミとか他にもたくさん花あったけど、全部は撮ってません。
aNAN11813.jpg
タチツボスミレ

aNAN11595.jpg
ヤマネコノメソウ

aNAN11611.jpg
静さん(ヒトリシズカ)

aNAN11612.jpg
セントウソウ

aNAN11633.jpg
ミスミソウ

この辺りからミノコバイモもたくさん見られるようになってきたけど
一番会いたかったセツブンソウは枯れたものばかり。
え~~、もしかして会えない?
アマナも朝早いのでまだ花が開いていないので下山で撮ることにしてしょんぼりしながら先に進む。

山頂までの急登の辺りで5人グループに追いつく。
aNA736137.jpg
丁度去年大変な目に遭った分岐あたり
ここをしっかり記憶しておく。
去年は花に夢中で山頂から右寄りに斜面を下りすぎてここの分岐を通っていない(^^;
山頂から左寄り、左寄り( ..)φ

ここから山頂まではこの時期福寿草が咲き乱れている
aNAN11665.jpg
朝は蕾が多かった

aNAN11667.jpg
私は蕾から開きかけくらいが好みなのでいい時間帯だったかも

aNAN11670.jpg

aNAN11700.jpg

そして諦めかけていたセツブンソウが
aNAN11652.jpg
きゃ~~(*´▽`*)
可愛すぎる~~

aNAN11659.jpg
山に自生してるなんて羨ましすぎる。
藤原岳近所にあったらしょっちゅう登るのに。
最期のキツイ急登、花に癒されてあっという間に山頂へ。
ここから先はずっと迷いながら登ってきた。
今日中に福岡に戻っておきたかったので、そのためにはここで引き返したほうがいい。
でも、でも・・・・
りすさんに会いたかったんだよ~~~
去年御池岳まで縦走して出会ったりすさん。
今回はコンデジも持ってきたし・・・・
りすさんが現れたら引き返せばいいし、行くか。

とりあえず天狗岩に立ち寄り休憩
aNA736129.jpg
今日は霞んでいるので展望はイマイチ

aNA736130.jpg
今回もティラミス風シフォンケーキ

さぁ、行こう。
縦走路にはイワウチワの葉っぱがたくさんあったけど、今年はまだ早いので流石に咲いてなかった。
aNAN11718.jpg
でもあと数日で咲くかも的な蕾もあった。
今年は暑いからな~
寝不足のためか暑いからか、若干頭痛がしてるけど、頑張ろう。

aNAN11711.jpg
バイカオウレンが応援してくれている。

aNAN11712.jpg
花弁が4枚の子

さてカタクリ峠まで来た。
りすさんはまだ現れない・・・・
現れるまで登ってみるか・・・・
8合目から先はまだ残雪があり、運が悪いと膝上まで踏み抜く。
慎重にルートを選び
aNA736134.jpg
結局山頂まで。
喉カラカラなので取りあえずカフェオレだけ補給して引き返す。

登りはずるずるだった斜面も下りは滑りながら下る。
すると8合目付近で突然りすさんが!!!
慌ててコンデジを取り出すけど、ピントを合わせるのに時間がかかって写真に収めることができず。
でも可愛かった~~
また来よう。でも来るときは御池岳だけに来よう。
この縦走は結構キツイ。

aNAN11719.jpg
ミヤマハコベ

藤原岳までは何度かアップダウンがあってきついけど、
今日の問題は暑いこと。
3月にこの暑さだったら、もう夏登れないんじゃないかって思ってしまう。
今日は水2リットルくらいしか持ってきていなかったので、なくならないようチビチビ飲む。
ぐびぐび飲みたい(>_<)

藤原岳山頂まで戻ってきて、ここからは下るだけ。
aNAN11724.jpg
朝は蕾も多かった福寿草もみんな開花していた

aNAN11733.jpg
ちょっと色素が薄い子。これくらいがかわいい

分岐までたどり着くように慎重に下る。
慎重にっていうか、ここの下りが足にどんどんくる。
乳酸が溜まってきてるよ~~
急いで下りたいのに足が動かない。
分岐まで来た。よし!!取りあえずこれで無事下山はできるぞ(笑)

焦っても仕方がないので花を撮りながら下る。
aNAN11738.jpg
ミスミソウ
朝よりたくさん開いていた。

aNAN11742.jpg

aNAN11751.jpg
ピンクが断然かわいい(^^♪

aNAN11766.jpg
何度もしゃがんで写真を撮り続けていたら少し足の筋肉もほぐれてきたみたいで
さっきよりは楽になってきた。

aNAN11780.jpg
朝は開いてなかったヒロハノアマナ

aNAN11792.jpg

aNAN11771.jpg
ミノコバイモも(^^)

aNAN11795.jpg

aNAN11796.jpg

aNAN11803.jpg

途中ガサガサっと大きな音が。
鹿かな?と目を凝らしてみると猿の群れが走って逃げて行った。
その後も10頭以上の群れが逃げて行った。
aNAN11833.jpg
ピント全然合ってないけど、真ん中の木の間に逃げていく猿が。
赤ちゃん猿はかわいかったな。
でも猿がいるのか~、
つい先日、猿は女性を襲うとかいう話が出たばかりだったので
襲われなかった私は女性として認識されなかったんだろうかとか苦笑い。
いやこっちを見ずに逃げていきましたけどね!!
鹿は一頭しか見かけなかった。

そして足も疲れていた時、ふと視界に入り込んできた花
aNAN11821.jpg
カタクリ~~
葉っぱはたくさんあったけど、蕾は数えるくらいしか見かけなかった。
まだ早いもんね~と思っていたのに、最後の最後にサプライズ

aNAN11823.jpg

aNAN11830.jpg
4月に入ったら咲き乱れるんだろうけど、今年も早々に出会えて嬉しいな\(^o^)/

(長)靴擦れしながら無事下山。車はnacchi***号のみがポツンと残っていた。
今回もアクアイグニスで汗を流してから帰路へ。
本当は御在所岳あたりに行こうかとも思ったけど、仕事で突然呼び出される可能性もあるので
福岡に戻っておいた方がいいだろう。
でもすでに眠気が・・・・
第2ベースで仮眠を取るつもりだったので
高速上では15分くらいの仮眠を何度も繰り返すだけだったが、
結局第2ベースに着いたのは7時過ぎだったので、準備だけして別所へ向かう。

2017春 藤原岳

今年は無理かな~と思っていたけど、全国的(?)に花が少し遅れ気味で間に合いそうなので
貝母属コンプリートの旅に行ってきた。
27日夕方仕事を終えて福岡を出発し、28日の1時前に道の駅菰野に到着。
仮眠を取ってから、孫太尾根の登山口へ向かう。

aNA730610.jpg
6時前一番乗り。
墓地の前のスペースに駐車し、貯水槽の横を通って6:05取りつき
地味にキツイ杉林の傾斜を登り続けると尾根歩きになる。
写真は撮ってないけど、トリカブトの葉っぱがすごかった。

a藤原岳ミヤマハコベ
ミヤマハコベ

a藤原岳ヤマブキ
ヤマブキ

aNA730613.jpg
丸山

a藤原岳ハクサンハタザオ
ハクサンハタザオかな?

a藤原岳ツルカノコソウ
ツルカノコソウかな?

aNA730614.jpg
草木

aNAN06723.jpg
静さん(ヒトリシズカ)

a藤原岳ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク

aNA730616.jpg
ミツバツツジがたまに咲いてた

aNA730618.jpg
この分岐が後々運命の分かれ目だったんだろうね~~

aNAN06742.jpg
キランソウ

aNAN06745.jpg
まだ朝早いので寝ている子が多く、開いているカタクリはわずか。
帰りには開いてるだろうから、下山のお楽しみに。

aNAN06791.jpg
ヤマルリソウ、色濃いな~

そして本日の一番の目的
a藤原岳ミノコバイモ1
ミノコバイモ(^^♪

a藤原岳ミノコバイモ3
1か月前くらいに調べたときはまだ丸山付近に咲いていたようだけど、山頂付近まで上昇
丁度いい時期だったかも

a藤原岳ミノコバイモ4
形はアワコバイモと同じ広鐘型だけど、やっぱり全然違うね~

a藤原岳ミノコバイモ5
葯は白

a藤原岳ミノコバイモ6

a藤原岳ミノコバイモ7
山頂はもうすぐなのに、足止めを食らってキリがないよ。
先に進もう。

a藤原岳福寿草
山頂付近にはまだ福寿草が少し咲き残っていた。

aNA730625.jpg
8:35藤原岳山頂

aNA730627.jpg
天気いいな~
ミノコバイモが目的だったので藤原岳だけでもよかったんだけど、
時間はまだたっぷりあるので

aNA730628.jpg
あっちの御池岳(左奥)まで行ってみるか。
イワウチワが咲いてるかもしれないし。

藤原山荘から先も花がたくさん咲いていて、写真を撮っていたらキリがないので眺めるだけににして
aNA730629.jpg
天狗岩

aNA730630.jpg
山の名前は分からないけどいいね~~
ここでのんびりしたいところだけど先へ進もう

aNA730632.jpg
頭蛇ヶ平(ずだがひら)

aNA730633.jpg

a藤原岳タムシバ
青空とタムシバがいい感じ
ここから先イワウチワの葉っぱはたくさんあるが、花はない。
あれ~?咲いてないのかな~~(´・・`)
歩き続けると
a藤原岳イワウチワ
よっしゃ~!!これが見たくてこっちまで来たんだからさ。
イワウチワはこれからなのかな、咲いてるのはわずかだったけどテンション上がる。
さぁ、御池岳へ行こう。
藤原岳だけのつもりだったのであまり調べておらず
aNA730634.jpg

aNA730635.jpg
どっちのルートがいいのか分からなかったけど、
何となくこっちかな?と。
歩いていると視界に何か動くものが入った。
何かなと見てみると「え!!リス!?」
慌ててカメラを準備したけど間に合わず。
え~~!!超かわいかったんですけど~~!!
リスがいるの?藤原岳!?
下山時にまた探してみよう。

aNA730640.jpg
御池岳11:00
ここで休憩しようかなとも思っていたけど、丁度一人来られたので休憩せず戻ることに。
下っていると何組かとすれ違った。
こっちも人気なんだな~

さっきリスに出会ったところで様子を伺ってみたけどいないみたい。
う~ん、残念。
しょんぼりしながら歩いていると目の前を何かが横切った。
えっ!!?

a藤原岳シマリス
またまた会えたよ~、シマリス♡♡
さっきより距離があるのでうまく撮れてないけど、超かわいかったよ~~(>_<)♡
なんでコンデジ持ってこなかったんだよ~~!!
お伝えできないけど、肉眼では楽しめたので満足です。あ~、可愛かった。

aNA730641.jpg
頭蛇ヶ平へ戻ってきた。
それにしても今日は暑いよ~~

aNA730644.jpg
っていうか木陰がほとんどないから夏の縦走はきつそうだ。
さすがに疲れてきたので天狗岩で休憩しようかと思ったけど、
丁度人が集まり始めたのでそのまま移動

藤原岳の見えるいい場所があったのでここで休憩
aNA730645.jpg
いちご持ってきていたので

aNA730648.jpg
久しぶりに手ぬぐい登場
あとは下山だけ。

まとめて今日出会った花一部
aNAN06741.jpg
シハイスミレかな?

a藤原岳アズマイチゲ
アズマイチゲ

a藤原岳アズマイチゲ②

a藤原岳キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

a藤原岳キクザキイチゲ②

a藤原岳ショウジョウバカマ (2)
ショウジョウバカマ

a藤原岳ショウジョウバカマ
ピンクが可愛いね

a藤原岳シロバナナコノメ
シロネコちゃん(シロバナネコノメソウ)

a藤原岳ニリンソウ
ニリンソウ

a藤原岳ヒロハノアマナ
ヒロハノアマナ

a藤原岳ピンクのミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ(ピンク)

a藤原岳ボタンネコノメ
ボタンネコノメソウ

a藤原岳トウゴクサバノオ
トウゴクサバノオ

aNA730654.jpg
藤原岳山頂に戻ってきて、御池岳や天狗岩を振り返る。
さぁ下山しよう。
カタクリ開いたかな~??

a藤原岳カタクリ
おぉ~~、いいじゃん、いいじゃん

a藤原岳カタクリ②
ちゃんとイナバウアーだよ(^^)

a藤原岳カタクリ③
かわいいね~

a藤原岳カタクリ4
美人さん
う~ん、満足まんぞく。
この後も下ばかり見てさ・・・・

途中で「あれ?こんなとこ通ったかな~?」と思いつつ歩き続け・・・治田峠通過
ようやくおかしいと地図を見てみるけど、今回持ってきたのは地図ではなく概念図
しかも孫太尾根から藤原岳までの概念図
全体像が分かっていないので自分がどこにいるのか分かっていない。
治田峠あたりを行ったり来たり、竜ヶ岳方面に行ってみたり、元に戻ってみたり一時間近くウロウロ。
迷い尾根で間違ったんだと思い、もう一つの方向に向かってみれば
aNA730655.jpg
はい!全く別の登山口に下りてきたよ。
(違うのは分かっていたけど車道に出れば何とかなると思った)
東近江市の方に下りたよ。
はぁ~
たまに飛び出す伝家の宝刀『道迷い』
自分がホント嫌になるんだけど
車道どころか目の前は川。
タイムリミットは迫っている。
明るいうちに下りるはずなのでヘッデンは車の中。
どうしよう、どうしよう。
戻るしかないさ。
下ってきた道をまた登り返す。

a藤原岳イワウチワ2
足が動かなくなってきている中イワウチワが癒してくれる。

a藤原岳オオルリ
オオルリも癒してくれる(T_T)
なんでコンデジ持ってきてないんだよ~

途中気にしてなかったレスキュー番号の書いてある地図をじっくり眺め、
自分の持っている概念図を眺める。
う~ん、私が間違ったのはかなり上の方みたいだ。
治田峠の稜線から藤原岳方面を眺めたときに見える右の山・・・
あれが私の歩いてきた孫太尾根じゃ・・・
ようやく理解して急いで戻る(急いでるけど全然足が動かない)
最初の方に載せた分岐、下りで通過したはずなんだけど記憶がぼんやり。
でもあの地点で間違えたんだな。

喉が渇いて仕方ないけど今日は2.5リットル程度しか水を持ってきてなかったので
もう残り0.5リットルくらいしか残っていなかった。
万が一のことを考えて我慢我慢、
登りで足が動かなくなってきたので、糖分補給とザックに入れていたお菓子を食べたけど、
それがラスクだったので口の中の水分を奪われ全然口の中からなくなってくれない。
でも少し元気になった気がする。
あ~、急がなきゃ。
何とか孫太尾根上へ乗った。
タイムリミットは迫っているけど、少しだけホッとした。
何とか暗くなる前に頑張れ私!
もうここは祖母傾1日縦走ラストの傾山だ。

aNA730656.jpg
まさか丸山で夕日を見ることになるとはね。

そして何とか暗くなる前18時半頃下山(T_T)
はぁ~~、疲れたよ~~。

aDSCF0969.jpg
ほとんどログはとらないんだけど、どのくらいの距離なのか下山時だけとってたログ。
彷徨った跡が(^^;
登りからとってたらスタート地点が分かっていたのにね。
登り5時間弱、下山7時間半くらい
3時間くらい彷徨ったからね。
下山が20キロくらいだったのでトータルで30キロ以上は歩いただろう。
まぁ、無事下山出来てよかった。
さぁ、温泉温泉。
最初は近場でと思ってアクアイグニス(片岡温泉)に向かったが、なんか見覚えのある道路?
着いてみたら、あ~、来たことある!!そうか、伊吹山の後に来たのか。
懐かしい温泉で汗を流して明日の山へ。
当然眠気が襲いかかり仮眠を取ろうとしたら、足が攣った(>_<)
すでに足にキテルけど、明日はクールダウンだから大丈夫かな・・?
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR