2017夏 焼石岳→→栗駒山

今回の遠征はずっと行きたかった飯豊山のつもりだったんだけど、
直前になって天気が悪くなったので諦め、花の百名山「秋田駒ヶ岳」へ
24日午前中仕事を終え、10:30福岡出発
秋田に向かっていたのだけど、前日大雨のニュースを見れていなかったため途中で確認。
秋田駒ヶ岳の近くの市町村に避難指示が出ていたので、状況が分からない今は行かない方がいいかなと行先変更。
候補はいくつかあったので別の花の百名山「焼石岳」へ向かう。
前回の青森遠征同様仮眠はあまり取らずに行ったのに、結局21時間かかって中沼登山口へ到着。
この登山口の最後の方は未舗装の道なのでゆっくり向かうしかないのだが、後ろから車が来たもんだから焦る(^_^;)

雨の後なので長靴を履いて7:45取りつき
aNA732603.jpg
ここまでも、この先も登山道に水が多く、ぬかるみも多かったので長靴で正解だった。

aNA732606.jpg
う~ん、ガスってますね。
この先はトンボが多くて容赦なく顔にぶつかってくるので交わしながら歩く

aNA732608.jpg
銀明水

aNA732610.jpg

aNA732611.jpg
10:15焼石岳山頂

aNA732615.jpg
今日は晴れそうにないかな~

花は多かったんだけど、雨で少し痛んでるのが多かったかな
すべては撮影してないんだけど
aNAN08844.jpg
エンコウソウの実?

aNAN08851.jpg
タチギボウシ

aNAN08968.jpg

aNAN08853.jpg
ミツガシワ

aNAN08859.jpg
ヒオウギアヤメ

aNAN08977.jpg

aNAN08869.jpg
モミジカラマツ

aNAN08873.jpg
ウラジロヨウラク

aNAN08878.jpg
ミヤマツボスミレ

aNAN08882.jpg
タニウツギ

aNAN08885.jpg
ハクサンチドリ

aNAN08886.jpg
ハクサンシャクナゲ

aNAN08890.jpg
ハクサンイチゲ
チングルマはもうほとんど終わって綿毛になっていたのでハクサンイチゲが癒してくれた

aNAN08892.jpg
ミヤマアキノキリンソウ

aNAN08895.jpg
トウゲブキ

aNAN08896.jpg
ハクサンフウロ

aNAN08898.jpg
ハクサンシャジン

aNAN08956.jpg

aNAN08906.jpg
クガイソウ

aNAN08909.jpg
オノエラン

aNAN08913.jpg
ミネウスユキソウ

aNAN08916.jpg
ミヤマホツツジ

aNAN08919.jpg
イワカガミ

aNAN08922.jpg
キソチドリ

aNAN08928.jpg
タカネセンブリ

aNAN08949.jpg
白いのから薄紫まであったけど、小さくてピントが合わなかった~

aNAN08930.jpg
ミヤマリンドウ

aNAN08953.jpg
コメツツジ

aNAN08960.jpg
エゾシオガマ

aNAN08962.jpg
クルマユリ

aNAN08964.jpg
マルバシモツケ

aNAN08969.jpg
タカネニガナ?

aNAN08970.jpg
ハクサンボウフウ

aNAN08971.jpg
リュウキンカ

aNAN08975.jpg
ヒナザクラ

aNAN08992.jpg
ショウキラン

aNA732620.jpg
サンカヨウの実

aNA732621.jpg
結局晴れなかった。雨じゃないだけいっか。
11:30頃下山し、栗駒山の登山口へ向かう。

aNA732625.jpg
須川温泉の横から取りつき14:15

aNA732636.jpg

硫黄のにおいがプンプンする登山道を進むと

aNA732628.jpg
さらにすごい硫黄臭のする昭和湖へ
色がすごかった

aNA732629.jpg

aNA732631.jpg
15:25さすがに誰もいない山頂到着

aNA732632.jpg
なんか雨も降りそうなので下山

aNA732635.jpg
晴れた日に見てみたかった

さっきとかぶっている花はあまり撮らなかったんだけど
aNAN09012.jpg
キンコウカ

aNAN09017.jpg
ミヤマリンドウ

aNAN09020.jpg
オノエラン

aNAN09025.jpg
トキソウ

aNAN09031.jpg
ウラジロヨウラク

16:30下山
さて、須川温泉で汗を流して移動するか~~
目の前の須川温泉と栗駒山荘の温泉どっちがいいかな~と本を見てみると、
須川温泉の営業時間が16:00まで、栗駒山荘の営業時間が16:30まで・・・・・
ショック!!!
楽しみに下山してきたのに。
どこか今から入れる温泉があるのか調べてみると、移動ルート上に小安峡温泉があったので
「元湯くらぶ」に立ち寄る。
こけしがいっぱいある感じのいい旅館だった。
すっきりしたところで明日の登山口まで向かう。
途中空が焼けてきて、運転しながら山を眺めているとひときわ存在感を放つ山が。
目が離せない山、鳥海山。車停めて写真撮ればよかった~。
21時過ぎ月山八合目の登山口へ到着。割と車泊の車があった。
明日は晴れますように~

2016初夏 岩手山

4時半に目覚め外を見るともう明るい。
そうか、九州に比べて1時間日の出が早いのか・・・・
筋肉痛はないが、曲げて寝てしまっていた膝が痛い。
登るのには支障はないので登るけどさ。
準備して焼走り登山口へ移動、5:15過ぎ取りつき
aNA_78661.jpg
最初は森の中を歩く。
途中小雨が降ってきたので蒸し暑く、汗が噴き出る。

aNA_78663ハクサンシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ

aNA722116ハクサンシャクナゲ

aNA722119.jpg
ジガバチソウ

aNA722124ミヤマハンショウヅル
ミヤマハンショウヅル

aNA722172ミヤマハンショウヅル
中を覗きたくてこんな撮り方になってしまったけど、なんで全体を撮らなかったんだろう(^_^;)

aNA722138ベニバナイチヤクソウ
ベニバナイチヤクソウ

そしてこの後タオルを落としてしまい、しばらく汗を滴らせながら登った。
落としてすぐ気づいたので拾いに戻ればよかったけど、それも面倒なくらい疲労が。
帰りに落ちてればいいけど・・・・

第1噴出口跡に着くと他の登山者が休憩中。
昨日見たような・・・・
「昨日早池峰山にいらっしゃいましたよね~」と話しかけるとやっぱりそう。
ザックから犬が顔を覗かせているので昨日も話しかけたんだった。
下山時に再びすれ違う時話してみたら愛知から来られた夫婦だった。
百名山遠征だと翌日同じ人に会うことよくあるんだよね~(^_^)

さてここからがきつかった~~(>_<)
高千穂峰と同じ火山砂礫の道なのでズルズル滑って足が取られる。
左側にはコマクサが咲き乱れ感動!!なはずなんだけど、1枚も写真は撮らずひらすら登る。
上坊コースと合流するツルハシに着くころにはかなり体力を奪われていた。
ここで予備のハンカチを取り出して休憩。
この後は足が棒のようになり、今日山頂まで行けるだろうかと思うくらい足が重かったが
少し歩いては立ち止り、少し歩いては立ち止り・・・・・
花を撮影しながらごまかし登る。
aNA_78665シラネアオイ
シラネアオイ
昨日の八幡平よりたくさん咲いている。
白いシラネアオイは見つけきれなかった。
この頃から青空も見え始め、体はボロボロだが気持ちはいい。

aNA_78675ヤマオダマキ
ヤマオダマキ

aNA722149サンカヨウ
サンカヨウ

aNA722150ウコンウツギ
ウコンウツギ

aNA722154コハウチワカエデ
コハウチワカエデ

aNA722140ハクサンチドリ
ハクサンチドリ

aNA722156シロバナハクサンチドリ
シロバナハクサンチドリ

aNA722158イワテハタザオ
イワテハタザオ

ようやく平笠不動到着。
aNA_78689.jpg
ここから山頂まで800メートルとなっているが、長い800メートルだった。

御鉢まで登りきると風が強い。
ここまでは森林の中を歩く感じだったから風もほとんどなかったけど。
帽子が飛んでいきそうになりながら
aNA_78677.jpg
山頂到着~

aNA_78682.jpg
御鉢の向こうは雲海が広がる。
晴れていたら岩木山や月山、蔵王連峰や鳥海山などが見えるらしいが、これはこれで十分。
山頂付近はタカネスミレが多く咲いていた(写真はない)。
コマクサはまだあんまり咲いてなかった(私が歩いたところは)

aNA_78686.jpg
朝水を1ℓ追加したがかなり飲んでいたので途中から水がなくなるのが怖くてあまり飲めなかった。
確認したらまだ十分あったのでアイスティー(氷なし)を作って水分補給。
ただ当初予定していた御鉢めぐりをすると水がなくなりそうだし、この足で歩く気分にはなれなかった。
よくこれで2日で4座登るつもりだったな(笑)
数年前だったらやれたかもしれないが、もう若くはない(-_-)
潔く下山。

aNA_78688.jpg
御鉢は石仏が多かった。

元来た道を下る。
下山は滑るように下りれるので楽だった
ただ登ってくる人が多く、馬返し登山口からもどんどん登ってくるし、
私が登ってきた焼走りからも続々登ってくるので狭いところではなかなか下れない。
消防や自衛隊の人も多く、なんか訓練なんだろうな~と思いつつ下る。
歩荷トレの学生さんもいて、あ~最近サボってるな自分。

下山は心に余裕を持って花の撮影。
aNA_78693シラネアオイ
シラネアオイ

aNA_78699.jpg
一番の目的、コマクサ
上の方までたくさん咲き乱れている。

aNA_78705.jpg

aNA722159コマクサ
かわいいね~(^^♪

aNA_78709.jpg
ロープが張ってあるので近くに咲いているのしか撮れないけど、十分十分(^_^)
う~ん、またガスってきたね。

aNA_78710.jpg
昼まではずっとこんな感じだったけど、下山後すっきり晴れていた。

aNA_78706イワブクロ
イワブクロも2株だけ発見

aNA722162イワブクロ
これからたくさん咲くんだろうね♪

aNA722174シロバナクモマニガナ
シロバナクモマニガナ(ハナニガナかも)

aNA722180クモマニガナ
クモマニガナ(ハナニガナかも)

aNA722164ベニバナイチヤクソウ
ベニバナイチヤクソウ
ここでタオル発見!よかった、あって。

aNA_78712.jpg
朝はガスっていてそれはそれで幻想的だったけど、やっぱりこうでなくっちゃね。
何度も振り返りつつ、花がないか下を探しつつ・・・・
「ハッ、ハッ、ハッ」と荒い息遣いで黒い動物が視界に入ってきた(゜o゜)
「ウワ~、びっくりした!!」
黒ラブでした(^_^;)あともう1頭はアイリッシュセターかな?
いや~黒いから熊かと思って焦ったあせった。
犬大大だい好きなんだけど、軽いビックリしいなので突然現れたらびっくりしますよ~
まぁでもかわいかった。

aNA_78715.jpg
紅葉いいんだろうね~
今年の秋は東北かな~。悩むな~。

aNA722182.jpg
きのこ

aNA722187タカネアオヤギソウ
タカネアオヤギソウ

aNA722192.jpg
視界に入ってきたプロペラ状の木の実
ヒロハツリバナかな~?

水を飲みきったところで12時の音楽とともに登山口。
駐車場いっぱい!!!今日金曜だよね?人気あるな~。

温泉はすぐ横にある焼走り温泉へ。
まだガラガラだったのでのんびり入ったあと、再び道の駅へ行きお土産物色。
高速は西根が一番近いけど、ガソリンも入れたかったし、
虫がビッシリ!もうホントびっしり付いた車が許せず一回洗いたかったので花巻まで下道で移動。
どうせまた汚れるのにね。コインランドリーも探したかったし。
その途中FM岩手から「今日は岩手山の山開きでしたね!」という声が。
あっ、そうだったんですか(^_^;)だからあんなに人多かったんだね。
そういえば下山前にヘリの音も聞いたな。

結局コインランドリーは見つけきれずいつもの多賀のSAで洗って帰ることにして高速へ。
行きも気になってた「長者原」SAへ。
読み方は「ちょうじゃはら」だったけど、くじゅうLOVE子には気になる名前。
そこの自販機前に脇を人が通ろうと構わず昼寝し続ける子猫
aNA_78720長者原のネコ
かわいかった

aNA_78723長者原のネコ
この視線の先には犬がいてこの後逃げてしまったけど。
帰りはもうくたくただったので、こんな感じで給油以外でもSAやPAに立ち寄り休憩。
仮眠は3時間ほどしか取らなかったけど、コインランドリーで洗濯したりして時間がかかったので
お昼の時間になってもまだ広島あたり。
近畿地方は山日和の青空だったけど、山口に入ったらワイパー超高速にしても前が見えづらいくらい土砂降り。
おかげで再びビッシリ虫のついた車が綺麗になって助かった。昨日洗わなければよかった(-_-)
24時間以上かけて17時過ぎ福岡に帰宅。
今回の走行距離は往復で3500キロオーバーなので一気にオイル交換のタイミングが過ぎ去ってしまった。
あ~、疲れた。
明日からまた仕事ガンバロ。

2016初夏 八幡平

早池峰山から移動してきた。
13時過ぎ茶臼岳の登山口付近にある狭い駐車場(2台しか止まってなかったので余裕だった)に車を止め取りつき。
先ほどはガスって寒いくらいだったが、ここに来ると日差しが強くなり痛いくらい暑くなった。

aNA_78638オオバキスミレ
オオバキスミレ

aNA_78640ハクサンシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ

aNA_78641.jpg
とりあえず茶臼岳へ

aNA_78642.jpg
さっきまで暑かったのに雲行き怪しくなってきた

aNA_78643.jpg
こりゃ降るな。
予報では17時過ぎから降りそうなのでそれまでに下山できるといいけど。

aNA722057ウラジロヨウラク
ウラジロヨウラク

aNA722060ノビネチドリ
ノビネチドリ

aNA722062ノウゴウイチゴ
ノウゴウイチゴ

aNA722066アカモノ
アカモノ

aNA722068ツバメオモト
ツバメオモト

aNA722071スノキ
スノキ

aNA722074コヨウラクツツジ
コヨウラクツツジ
見慣れたヨウラクツツジとは全然違うな。

aNA722079ベニバナイチゴ
ベニバナイチゴ

aNA722080イワカガミ
イワカガミ
茶臼岳まで登ったのに黒谷地湿原まで緩やかに下っていくので、帰りまた登るのかと思うとちょっと憂鬱(^_^;)

aNA_78646チングルマ
でもチングルマや

aNA722085ヒナザクラ
ヒナザクラに癒される

aNA722093ヒナザクラ
帰りに撮ろうと思ってさっと撮ったのでピントが・・・肝心の帰りは薄暗くて急いだので撮らなかったし。
小さくてかわいい花だった。

aNA722091イワイチョウ
イワイチョウ

aNA_78660ワタスゲ
ワタスゲの木道を進む。

aNA_78651ニッコウキスゲ
ニッコウキスゲには早かったみたい。一輪しか咲いてなかった。

aNA_78652.jpg
八幡沼と

aNA_78653.jpg
ガマ沼
ホント晴れてたらね~

aNA_78654タニウツギ
タニウツギ

aNA_78656.jpg
テレビや本で見ていた山頂。
展望台に登っても今日は何も見えない。
いよいよ雨も降りそうになってきたので来た道を戻る。

aNA722109シラネアオイ
明日見ようと思っていたシラネアオイを見れた。

aNA_78658.jpg
チングルマ

aNA722100チングルマ
チングルマ

aNA722095ツマトリソウ
ツマトリソウ
同じ山域なのでさっきと同じ花も出てきますが・・・

aNA722113ムシトリスミレ
ムシトリスミレ

aNA722105ミヤマキンポウゲ
ミヤマキンポウゲ

aNA722102.jpg
とお~くに水芭蕉が咲いてた。

aNA722108オタマジャクシ
オタマジャクシうじゃうじゃ

ポツポツ降るなか急いで下山。
17時前には何とか下りれたのでよかった。
下山後は八幡平温泉郷の中の森乃湯へ。
露天風呂に入っていると地元のおばあちゃんが話しかけてきた。
笑って会話したけど実はほとんどわからなかった(笑)
温泉に入ってすっきりしたら道の駅にしねへ移動。
食事中すでに眠かったが、なんとか食べて片づけて・・・・・その後の記憶がない。
はっと起きたら1時過ぎで、お姉さん座りのまま寝てたのでひざがめちゃくちゃ痛い。
ヤバ~~急いでマットを敷いて寝たけど・・・・・
明日へ続く。

2016初夏 早池峰山

2週間前より天気予報とにらめっこ
1週間前から予報が良くなったり悪くなったり変わるのでヤキモキする。
一応他の候補も考えたが、気持ちは岩手にあったので出発前日決断。
29日午前中仕事を終え、11時ごろ福岡出発。
会津で夜間工事通行止め箇所があったので一旦高速を降りないといけなかったが、それ以外は問題なく
4回のガソリン給油休憩と10~15分程度の仮眠2回で、ほぼぶっ通しで走り続け30日の6時過ぎに河原の坊登山口へ。

aNA_78580.jpg
行く前は岳(シャトルバス出発点)の駐車場に車を止め、早池峰山に登った後中岳、鶏頭山を縦走するつもりだったが
秋駒が気になって気になって計画変更(でも結局行ってない)
平日なのでマイカー規制はなし。河原坊の駐車場に駐車。
河原坊から登るルートは少し前から通行止めになっているので
小田越のバス停まで車道を歩き、早池峰山ピストンで戻る。

aNA_78582ヤマオダマキ
河原坊から小田越までの車道脇にはヤマオダマキが咲き乱れ、大嫌いな車道歩きも気がまぎれる。

aNA722051ヤマオダマキ

aNA_78589ベニバナイチヤクソウ
ベニバナイチヤクソウもひっそり

aNA722041ベニバナイチヤクソウ

aNA722046コケイラン
コケイラン

aNA_78597オオダイコンソウ
オオダイコンソウ

aNA_78599.jpg
小田越登山口までは30分程

aNA_78629.jpg
熊よけのドラム缶を叩きつつ

aNA_78600ギンリョウソウ
ギンリョウソウや

aNA_78632.jpg
エンレイソウの実

aNA721881ズダヤクシュ
ズタヤクシュ

aNA721886モミジカラマツ
モミジカラマツ

aNA721889オオバスノキ
オオバスノキ

aNA721893ヨツバシオガマ
ヨツバシオガマ

aNA_78602.jpg
花ばかり撮ってようやく1合目

aNA_78607.jpg
来る前に調べたところ早池峰山は岩場に植物が自生しているので傷つけない様ストックはなるべく使わない様とのこと。
それに蛇紋岩が多いのでストックは使わず両手を自由にしておいた方がいいみたい。
そう、あの谷川岳と同じ蛇紋岩。
今回は『すべってころんであごがぱっくり』にならないよう慎重に歩かねば!!
(実際谷川岳ほど滑らなかったけど)

aNA721903キバナノコバノツメ
キバナノコバノツメ
カメラの調子が悪く、だいぶ明るく編集したけど真っ暗だった(^_^;)

aNA722037キンロバイ
キンロバイ

aNA721911ホソバツメクサ
ホソバツメクサ

aNA721929ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイ

aNA_78621ミヤマオダマキ
そしてミヤマオダマキがたくさん咲いていた(^_^)

aNA721939ミヤマオダマキ
ヤマオダマキの色も好きだけど、ミヤマオダマキの色も好きだな~

こんなんで中々前に進まないんだけど、今回の目的はハヤチネウスユキソウ。
ミネウスユキソウも咲いているので見比べながら進む。
aNA721908.jpg
これはミネだよね?

aNA721916.jpg
これでもないかな~?

aNA_78613.jpg
ずっとガスってたんだけど晴れてきて期待

aNA721952ミヤマアズマギク
ミヤマアズマギク

そしてついに出会った~~~
aNA721920ハヤチネウスユキソウ
間違いなくこの子でしょ?
ハヤチネウスユキソウ

aNA721935ハヤチネウユキソウ
ほわわ~ん
フェルトで出来てるみたい~)^o^(
この後も探しまくるが、まだ少し早かったみたい。

aNA_78614.jpg
ようやく名物の(よく他の人の写真で見かける)鉄の梯子場へ。
2段登るんだけど、最初の1段目は迂回できることを下るときに知った。
特に怖い梯子ではない。

aNA_78615コバイケイソウ
コバイケイソウ

aNA721971ミネザクラ
ミネザクラはもう終わりかけ

aNA721967イワカガミ
イワカガミ

aNA721969ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ

aNA721953ミヤマシオガマ
ミヤマシオガマ

aNA721959ミツバオウレン
ミツバオウレン

aNA721964カラマツソウ
カラマツソウ

aNA721978ホソバイワベンケイ
ホソバイワベンケイ

aNA721980ホソバイワベンケイ

aNA_78619チングルマ
チングルマ

aNA721965チングルマ

aNA721974チングルマ

aNA_78616.jpg
山頂
nacchi***が行く百名山安定のガス景
雨マークがついていたので無理かな~・・・
30分待ってみたけど次があるので下山する。

aNA721984ホシガラス
ホシガラス
今回会いたかったのは君ではなくオコジョさんだったんだけどね。

今回は花ばかり撮っているのでまとめて
aNA721941チシマフウロ
チシマフウロ

aNA721941ツマトリソウ
ツマトリソウ
(変換するときにまず『妻と理想』って出てくる

aNA721948イワウメ
イワウメ

aNA721950イワウメ

aNA722026.jpg
ハクサンボウフウかな?

aNA_78626ミヤマヤマブキショウマ
ミヤマヤマブキショウマ

aNA722023ミヤマヤマブキショウマ
ピント合ってないけど・・・

aNA721958ナンブイヌナズナ
ナンブイヌナズナ

aNA722000ナンブイヌナズナ
早池峰山は蛇紋岩でできているのでこういう早池峰山固有種が多いそうだ。

aNA721987ハクサンチドリ
ハクサンチドリ

aNA721994アオノツガザクラ
アオノツガザクラ

aNA721997ミヤマオダマキ
再びミヤマオダマキ

aNA722010ミヤマオダマキ
青空の下撮りたかったな~。家で妄想してきたのに。

aNA722029マルバシモツケ
マルバシモツケ

aNA722034ナンブトラノオ
ナンブトラノオ

aNA722036ムシトリスミレ
ムシトリスミレ

そしてやっぱり今回の主役
aNA722014ハヤチネウスユキソウ
ハヤチネウスユキソウ

aNA722017ハヤチネウスユキソウ
天気は残念だったけど雨じゃなかっただけ助かった~。

再び車道を歩いて
aNA722054ヤマオダマキ
ヤマオダマキ

aNA722053キバナヤマオダマキ
キバナヤマオダマキ

花に夢中になりすぎてすでに10時過ぎ。
ここからだと秋駒(国見温泉)まで下道で2時間以上はかかるので
山頂まで登らないにしても厳しいかな…天気も下り坂っぽいし・・・
残念だけど今回は諦めて八幡平へ移動。
まとめて書くと長いので2部にします。
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR