2017夏 月山→→蔵王

さすが八合目、何もかけないで寝るとさすがに寒くて目が覚めたが、
シュラフをかけて寝ると、前日寝てないので結構熟睡できた。
人の声で目が覚め、外の様子を窺うとバスが到着していて日の出を待っているようだ。
駐車場からは裏焼けが臨めたが、ちょっと霞が強い。
準備して4:40頃取りつく
まだ完全に光が当たっていないので花は後で撮影するとして、とりあえず黙々と登る。
aNA732637.jpg
振り返って
八合目と言ってもそれなりに登らないといけないので、1合目から登るときつそうだな~

aNA732642.jpg
月山で楽しみにしていたのは花もだけど、オコジョさんなんだよね~
この木道からひょっこり顔を出さないかな~なんて期待しながら歩いたけど、
どうもオコジョとは縁がないのか今回も会えなかった。

aNA732643.jpg
6:25
月山神社内は撮影禁止なのでここまで。

aNA732646.jpg

aNA732648.jpg
あの見えてる山は蔵王なのかな?

牛首あたりまで歩いてみようかなと思ったが、蔵王までの移動時間を考えると早い方がいいだろうと下山開始
aNA732650.jpg
その前に三角点で

aNA732654.jpg
今日はいい感じの雲が(^_^)

aNA732655.jpg

aNA732658.jpg
鳥海山に舞い降りる鳳凰

aNA732662.jpg
下るときに月山山頂上空にいい雲があったので撮影しようとすると、山と雲全体が入りきらない。
冷静に考えれば縦に撮ればよかっただけなんだけど、時すでに遅し。
気づいた時にはもう下の方まで下りてきてしまった。

花を撮影しながら下山
aNAN09037.jpg
ウサギギク

aNAN09039.jpg
ヨツバシオガマ

aNAN09040.jpg
チングルマ

aNAN09043.jpg
ミヤマシオガマ

aNAN09044.jpg
タテヤマウツボグサ

aNAN09046.jpg
ヤマハハコ

aNAN09047.jpg
ハクサンフウロ

aNAN09051.jpg
ミヤマダイモンジソウ

aNAN09055.jpg
ニッコウキスゲ

aNAN09058.jpg
ヒナウスユキソウ

aNAN09060.jpg

aNAN09063.jpg
チシマギキョウ

aNAN09067.jpg
アオノツガザクラ

aNAN09071.jpg
ショウジョウバカマ

aNAN09074.jpg
バイカオウレン

aNAN09081.jpg
ヒナザクラ

aNAN09084.jpg

aNAN09087.jpg
イワカガミ

aNAN09091.jpg
ミヤマリンドウ

aNAN09096.jpg
トウヤクリンドウ

aNA732670.jpg
弥陀ヶ原を周回
鳥海山が気になって仕方ない(笑)
また山形に来たら行こうかな。

aNA732671.jpg
月山も何度も振り返って

aNAN09102.jpg
キンコウカ

aNAN09105.jpg
トキソウ、全然うまく撮れない
オゼコウホネは見つけきれなかった。
8:45頃下山

下道で移動するつもりだったけど、時間がかかりそうだったので高速も使って移動。
いよいよ蔵王が見えてくると上の方はガスガス。
まぁ、登ってるうちに晴れてくれるだろうと信じて。
刈田峠バス停付近の路肩はもう車がいっぱいだったけど、何とか止めれそうな隙間に止めて取りつく。
蔵王ハイラインを何度か横切る感じで登り、刈田岳到着。
ガスで真っ白、何も見えない。
御釜も見えない。
とりあえず熊野岳に向かって歩く。
aNA732675.jpg
馬の背を歩いている途中でガスが動き始め御釜が見えた。

aNA732677.jpg
山頂も見えてきた。

aNA732678.jpg

aNA732679.jpg
何も見えないしトンボがすごいので下山

aNA732683.jpg
晴れるまで待ってみる

aNA732695.jpg
青空にはなりきらなかったけど、何とか影のない状態で見れた。
青空だとまた違う色に見えるのかな?
新燃岳を思い出す。

aNAN09118.jpg
コマクサはもうほとんど終わっていた。

aNA732697.jpg
再び刈田岳に戻ってきて下山。
14時には下山したので南蔵王に登るか迷ったが、ガスってきたので止めて温泉に向かう。
遠刈田温泉の「星灯りの宿まほろば」ですっきりしてから高速に向かう。
高速に乗ってからは眠気がひどくて何度も止まっては休憩していくんだけど、走り出したらまた眠くなるの繰り返し。
新潟の柏崎を走っているとき、花火が上がった。
見たいけど運転しながらだと見れない、残念。
ちょっと休憩と思って米山PAに立ち寄ると、誘導の人がいるくらいの満車。
何事?と思って下りたらちょうど花火が見られるスポットのようで、花火を見に来ている人で賑わっていた。
私も少し混ざって見物。花火いいね~~、久しぶりに見れて楽しかった。
このあとも眠気と闘いながら走っているとまた右手に花火が見えた。
「あれ?もしかして進んでない?」とちょっと不思議になりながらナビを見ると直江津のあたり。
調べたらやっぱりここでも花火大会があっていた。同じ日にするくらい新潟って花火有名だったんだね~。

なんか今回は前回より眠気がひどくて数十キロ走ったら眠くなるので全く進まなかったな~。
でも何とか無事帰福。
走行距離は3480キロくらい。
洗車しに行ったりで結局遅くなったので写真の編集も遅くなり、深夜の世界水泳まで見てしまい
翌日も寝不足で仕事に向かったのでした。

2017夏 焼石岳→→栗駒山

今回の遠征はずっと行きたかった飯豊山のつもりだったんだけど、
直前になって天気が悪くなったので諦め、花の百名山「秋田駒ヶ岳」へ
24日午前中仕事を終え、10:30福岡出発
秋田に向かっていたのだけど、前日大雨のニュースを見れていなかったため途中で確認。
秋田駒ヶ岳の近くの市町村に避難指示が出ていたので、状況が分からない今は行かない方がいいかなと行先変更。
候補はいくつかあったので別の花の百名山「焼石岳」へ向かう。
前回の青森遠征同様仮眠はあまり取らずに行ったのに、結局21時間かかって中沼登山口へ到着。
この登山口の最後の方は未舗装の道なのでゆっくり向かうしかないのだが、後ろから車が来たもんだから焦る(^_^;)

雨の後なので長靴を履いて7:45取りつき
aNA732603.jpg
ここまでも、この先も登山道に水が多く、ぬかるみも多かったので長靴で正解だった。

aNA732606.jpg
う~ん、ガスってますね。
この先はトンボが多くて容赦なく顔にぶつかってくるので交わしながら歩く

aNA732608.jpg
銀明水

aNA732610.jpg

aNA732611.jpg
10:15焼石岳山頂

aNA732615.jpg
今日は晴れそうにないかな~

花は多かったんだけど、雨で少し痛んでるのが多かったかな
すべては撮影してないんだけど
aNAN08844.jpg
エンコウソウの実?

aNAN08851.jpg
タチギボウシ

aNAN08968.jpg

aNAN08853.jpg
ミツガシワ

aNAN08859.jpg
ヒオウギアヤメ

aNAN08977.jpg

aNAN08869.jpg
モミジカラマツ

aNAN08873.jpg
ウラジロヨウラク

aNAN08878.jpg
ミヤマツボスミレ

aNAN08882.jpg
タニウツギ

aNAN08885.jpg
ハクサンチドリ

aNAN08886.jpg
ハクサンシャクナゲ

aNAN08890.jpg
ハクサンイチゲ
チングルマはもうほとんど終わって綿毛になっていたのでハクサンイチゲが癒してくれた

aNAN08892.jpg
ミヤマアキノキリンソウ

aNAN08895.jpg
トウゲブキ

aNAN08896.jpg
ハクサンフウロ

aNAN08898.jpg
ハクサンシャジン

aNAN08956.jpg

aNAN08906.jpg
クガイソウ

aNAN08909.jpg
オノエラン

aNAN08913.jpg
ミネウスユキソウ

aNAN08916.jpg
ミヤマホツツジ

aNAN08919.jpg
イワカガミ

aNAN08922.jpg
キソチドリ

aNAN08928.jpg
タカネセンブリ

aNAN08949.jpg
白いのから薄紫まであったけど、小さくてピントが合わなかった~

aNAN08930.jpg
ミヤマリンドウ

aNAN08953.jpg
コメツツジ

aNAN08960.jpg
エゾシオガマ

aNAN08962.jpg
クルマユリ

aNAN08964.jpg
マルバシモツケ

aNAN08969.jpg
タカネニガナ?

aNAN08970.jpg
ハクサンボウフウ

aNAN08971.jpg
リュウキンカ

aNAN08975.jpg
ヒナザクラ

aNAN08992.jpg
ショウキラン

aNA732620.jpg
サンカヨウの実

aNA732621.jpg
結局晴れなかった。雨じゃないだけいっか。
11:30頃下山し、栗駒山の登山口へ向かう。

aNA732625.jpg
須川温泉の横から取りつき14:15

aNA732636.jpg

硫黄のにおいがプンプンする登山道を進むと

aNA732628.jpg
さらにすごい硫黄臭のする昭和湖へ
色がすごかった

aNA732629.jpg

aNA732631.jpg
15:25さすがに誰もいない山頂到着

aNA732632.jpg
なんか雨も降りそうなので下山

aNA732635.jpg
晴れた日に見てみたかった

さっきとかぶっている花はあまり撮らなかったんだけど
aNAN09012.jpg
キンコウカ

aNAN09017.jpg
ミヤマリンドウ

aNAN09020.jpg
オノエラン

aNAN09025.jpg
トキソウ

aNAN09031.jpg
ウラジロヨウラク

16:30下山
さて、須川温泉で汗を流して移動するか~~
目の前の須川温泉と栗駒山荘の温泉どっちがいいかな~と本を見てみると、
須川温泉の営業時間が16:00まで、栗駒山荘の営業時間が16:30まで・・・・・
ショック!!!
楽しみに下山してきたのに。
どこか今から入れる温泉があるのか調べてみると、移動ルート上に小安峡温泉があったので
「元湯くらぶ」に立ち寄る。
こけしがいっぱいある感じのいい旅館だった。
すっきりしたところで明日の登山口まで向かう。
途中空が焼けてきて、運転しながら山を眺めているとひときわ存在感を放つ山が。
目が離せない山、鳥海山。車停めて写真撮ればよかった~。
21時過ぎ月山八合目の登山口へ到着。割と車泊の車があった。
明日は晴れますように~

2017初夏 八甲田山

腰は痛かったけど、疲れていたので結構寝れた。
こちらは4時ごろからもう明るいので早めに取りついてもよかったけど、少しでも寝たくて5時に起床
準備してから登山口へ向かう。
aDSCF1011.jpg
酸ヶ湯温泉の上にある駐車場に車を止め、5時50分取りつき

aNA732377.jpg

aNAN08266.jpg
最初の方からツマトリソウや他の花たちに捉まる。
急ぐことはない、今日はここしか登らないのでのんびり行こう。

aNAN08267.jpg
コヨウラクツツジ

aNAN08277.jpg
地味なんだけど好き

aNAN08275.jpg
イワナシ

aNA732381.jpg

aNA732382.jpg
このガレ場を横切って、さらに右のガレ場を登って行く。
逆光だったので写真はない。
硫黄のにおいがする。

aNAN08289.jpg
このあたりにウラジロヨウラクが咲いていた(^_^)

aNAN08290.jpg
ちょっと色薄め

aNAN08287.jpg
イワカガミもたくさん

aNAN08294.jpg

aNA732385.jpg
ガレ場を過ぎると雪渓が少し残っている。ここもアイゼンは使用するほどでもない。
ただの荷物になってしまったな~。
木道に出るとお花畑が待っている。
ちなみに八甲田清水は枯れていた。
20170630イワイチョウ
イワイチョウ

aNAN08298.jpg
チングルマ

aNAN08305.jpg
ヒナザクラもキュート(^^♪

aNAN08312.jpg
ショウジョウバカマ

花ばかり撮ってて全然進まないんですけど~
aNA732390.jpg
最後の雪渓を登ったら大岳はもうすぐ。

aNA732392.jpg
昨日も天気は良かったんだけど、今日は昨日より霞も少ないようで気持ちいい。

aNA732395.jpg
鏡沼
カエルの声がきこえた

aNA732396.jpg
朝から日差しも強く暑かったんだけど、山頂までの登りは強風で帽子が何度も飛ばされそうになった。

aNAN08329.jpg
でも「ようこそいらっしゃいました」とお辞儀されたので、またまんまと捉まります。

aNAN08341.jpg
涼しげなミヤマオダマキが咲き乱れている

aNAN08335.jpg

20170630ヨツバシオガマ
ヨツバシオガマもちょこちょこ

aNA732399.jpg
7:50八甲田大岳
8時前だけど人はもう何名かいる。
山頂も風が強くてじっとしてたら寒くなりそうなので早々移動。

aNA732400.jpg

aNA732401.jpg
昨日登った岩木山方面。肉眼では見えてるんだけど、やっぱり少し霞んでるかな。

aNA732404.jpg
せっかくなのであちらの井戸岳・赤倉岳を経由して下ろう。

aNA732407.jpg
大岳ヒュッテ

aNA732408.jpg

aNAN08358.jpg
大岳ヒュッテから井戸岳の方に向かっているとヘリが飛んできた。
鳥海山に登った時に見たヘリと同じかな?

この先の稜線歩きも風が強かった。
aNA732411.jpg
ミヤマオダマキも強風で揺れまくる

aNA732413.jpg
火口

aNA732415.jpg
井戸岳

aNA732414.jpg
左奥がさっきいた大岳

aNA732416.jpg
赤倉岳
どちらも稜線上にあるので山頂という感じはない。
でもミヤマオダマキやミヤマキンバイ、イワウメなどが咲いているので飽きないかな。

aNA732417.jpg
振り返って

aNA732418.jpg
この先はロープウェー方面に下り、途中の分岐から宮様コースへ入り、大岳ヒュッテからの道に合流する。

aNA732419.jpg
あのシェーみたいな形は津軽半島だろうか?
ということはあの向こうは北海道?
あ~、すぐそこに北海道があるのに遠いな~。行ける日は来るんだろうか。

大岳ヒュッテから毛無岱までは人に出会わなかったけど花に癒されながら楽しく歩く。
aNA732420.jpg
水芭蕉

aNA732421.jpg
毛無岱辺りの湿地帯はまたお花畑なのでルンルンだ。
チングルマと景色を撮りたいんだけど、みんなあっち向いてるんだよね(^_^;)
休憩しないで下るつもりだったけど、途中木の広いデッキがあって休憩に最適なので休んでいく。
aNA732431.jpg
昨日の朝入れた氷がまだ解けていなかったのでかき氷

aNA732432.jpg
最初は誰もいなかったんだけど、食べ終わる頃にはみんな引き寄せられるようにやってきて休憩。
休憩してるのはみんな下ってきた人だけど、山に登らなくてもここに来るだけで楽しいな。

aNA732435.jpg
さぁ、帰るか。
ワタスゲがふわふわでかわいい。

aNA732438.jpg
おお、この階段は「にっぽん百名山」で見たところだ。
奥にうす~く岩木山が見えてるよ。

aNA732439.jpg

今回出会った他の花一部
aNA732442.jpg
ハクサンシャクナゲ

20170630ベニバナイチゴ
ベニバナイチゴ

20170630ベニバナイチゴ②

20170630ミツバオウレン
ミツバオウレン

20170630ムラサキヤシオツツジ
越駒で見て以来好きになったムラサキヤシオツツジ

20170630ムラサキヤシオツツジ②
このビビットな色がかわいい

20170630エゾイソツツジ
エゾイソツツジ

20170630コバイケイソウ
コバイケイソウをアップで

20170630ツバメオモト
ツバメオモト

20170630ナナカマド
ナナカマド

aNAN08279.jpg
ゴゼンタチバナ

aNAN08345.jpg
イワベンケイ

aNAN08347.jpg
マジマジ見たら一つ一つ細かい

aNAN08350.jpg
イワウメには蟻が集まってくる

aNAN08354.jpg
コミヤマカタバミ

aNAN08362.jpg
ハクサンチドリ

aNAN08366.jpg
イワナシ

aNAN08375.jpg
サンカヨウ

aNAN08381.jpg
チングルマ

aNAN08337.jpg
綿毛も

aNAN08389.jpg
最後はヨウラクツツジがたくさんだった(^^♪
今回はどちらの山でもシラネアオイを見つけきらなかったのが残念。

aNA732443.jpg
酸ヶ湯温泉が見えてきた。
11:05下山
ここは登山口に温泉があるのがいいよね。
そのまま酸ヶ湯温泉に向かい、玉の湯だけ入ってすっきり。
決して方向音痴ではないんだけど、旅館なので温泉まで客室の前を通ったりする。
出るとき自分がどこから入ってきたかちょびっとだけ迷う(^_^;)これはあるあるだよね?

さぁ、山は楽しかったけど、帰りの運転があるのだ~
行きは気合でなんとかなるんだけど、帰りは眠気に勝てない。
高速乗ってすぐ眠くなり始める。
何度も短い仮眠をとるが、眠気が取れない。
しかも秋田に入った時に降り始めた雨が、暗くなってからひどく降りはじめ、新潟あたりでは土砂降りだったので気を使う。
休憩は洗濯できる多賀で取ろうと思っていたので、何とかそこまで頑張って運転。
といっても夜明け前に着いたので結局長い仮眠は取らなかったんだけど。
洗濯中に写真の編集をしてしまい、再び何度も休憩を入れながら帰福。
17時前には着いたけど、やっぱり24時間以上かかったな。
今回の走行距離は3920kmほどでした~~

2017初夏 岩木山

青森の百名山2座。1日で周れないものだろうか・・・
1日で周れたらあと一日花の百名山に使えるんだけど。
色々考えて8合目から登るとかしないと厳しいかなと、一応白神山地を予備にもってくることに。
28日午前中仕事を終え、11時に福岡出発。
ガソリン給油と10分の仮眠を何度か取る以外はノンストップで運転・・・・
・・・21時間かかったよ(-_-)
岩木山登山口8時過ぎに到着。
仮眠がほとんど取れなかったので頭がくらくらするんだけど、
急いで準備して8:10取りつき
aDSCF1010.jpg

aNA732308.jpg
少しでも時間を短縮するためにスキー場下の駐車場からスタート

aNA732309.jpg

aNA732310.jpg
つい最近くまさんに出会ったばかりなので緊張。

aNA732332.jpg
しばらくこういう気持ちいい樹林帯を歩く。
途中ガサガサっと音がしたら熊かと思って辺りを見わたしてしまう。

aNA732311.jpg
鼻コクリ

aNA732315.jpg
姥石

aNA732316.jpg
焼止りヒュッテ

っと登ってきたけど、ここまで花に足止めを食らって時間かかってます。
花は後でまとめて紹介

この後は雪渓が残っている。
アイゼンは持ってきていたけど、着けるほどでもないのでそのまま登る。
aNA732318.jpg
分かりにくいけど上の方に人がいます。
今日は暑い。
また焼ける~~~!!!
・・・ってまぁこの前の越駒で懲りたので日焼け防止のフェイスマスク着用。
着け始め当初は暑くて仕方なかったんだけど、何度か使って慣れてきた。

aNA732321.jpg
たまに滑りながらも、ステップが切ってあるので問題なく登れた。
山頂まで40分もかからないと思うんだけど、
8合目から登ってきたのかな?小学生たちが丁度登っていたので登りきるまでゆっくり登る(山頂付近は少しガレ場)

aNA732326.jpg
10:50岩木山山頂
山頂は大賑わいだ。

aNA732328.jpg
8合目駐車場が近くに見える。
確かにあそこから登れば1日2座いけるけども~~

aNA732331.jpg
それじゃ登ったことにならないんだよね~

休憩はせずに下山。
登りも花で足止めを食らったけど、下りはまた視点が変わってさっき気づかなかった花を見つけたりだとかで時間がかかる。
ここから今日出会った花(撮影しなかったものもあります)
aNAN08179.jpg
なんといっても一番の目的だったカワイ子ちゃん
ミチノクコザクラ

aNAN08183.jpg
ハクサンコザクラの変種で岩木山固有種

aNAN08188.jpg
『安寿姫のかんざし』なんて素敵な伝説があって、
実はその伝説知らないんだけども・・・・

aNAN08186.jpg
貴重な白い子も発見。

aNAN08159.jpg
チゴユリが多かった。
(写真はないけどマイヅルソウもたくさん)

aNA732344.jpg
久しぶりのヤマオダマキ

aNAN08230.jpg

aNAN08259.jpg
サーティーワンのアイスクリームにありそうな色合いで、いつも美味しそうって思ってしまう(^^)

aNAN08166.jpg
ハクサンチドリ

aNAN08233.jpg

aNAN08225.jpg
ウラジロヨウラクも大好き

20170629エゾノタチツボスミレ
エゾノタチツボスミレ

20170629オオバキスミレ
オオバキスミレ

20170629カラマツソウ
カラマツソウ

20170629タニウツギ
タニウツギもたくさん見られた

20170629ノウゴウイチゴ
ノウゴウイチゴ

20170629ノリウツギ
ノリウツギ

20170629フデリンドウ
超ちっちゃいフデリンドウ
花が1センチもなかったよ(^^)

20170629ミネザクラ
ミネザクラ(タカネザクラ)は終盤

20170629ミヤマキンバイ
ミヤマキンバイは山頂付近にたくさん咲き乱れていた

aNAN08193.jpg
ショウジョウバカマ

aNAN08200.jpg
サンカヨウも大好き

aNAN08203.jpg
今年は見れないかな~と思ってたけど見れてよかった

aNAN08211.jpg
エンレイソウ

aNAN08237.jpg
ベニバナイチヤクソウ

aNAN08245.jpg
ササバギンラン

aNAN08255.jpg
コケイラン
たくさんの花に癒された。

13:15くらい(覚えてない)に下山
この後白神山地に向かうが、途中まで行った白神ラインが通行止め
迂回して向かうが、16時過ぎに到着するので登るのは無理だと諦める。
遠征先ってイマイチ距離感が分かってないからこんなことになるんだよね~
十二湖ビジターセンターに車を止め、取りあえず青池に向かってぶらぶら。
aNA732346.jpg
午後から少し曇ってきたので日差しは少ないんだけど、
空気感がなんか違う。
屋久島みたいに木が太いわけじゃないんだけど、全体的に背が高くて、どういったらいいのかな~
懐が深い?
包み込んでくれそうな空間だった。
近所にあったら毎日通うんだけど。

aNA732350.jpg

aNA732353.jpg
沸壺の池だったかな?
周りの緑と一体化してるけど、実際は青かったよ

そして青森まで来たんならどうしても見ておきたかった青池
aNA732363.jpg
うわ~~!すごい!!
地球色って感じの青!

aNA732366.jpg
明るい時間帯だったらもう少し綺麗な青だったかもしれないけど、十分綺麗だった。
不思議だな~

aNA732359.jpg
移動に時間がかかってしまってバタバタ廻ったけど、ここで深呼吸
ずっと運転して頭が痛かったから癒される~

aNA732372.jpg
今回登ろうと思っていた崩山の登山口。
ここまで来たなら登りたかったな~。ちょっと時間ぎりぎりだったもんな~。

aNA732374.jpg
ここが通行止めじゃなければ・・・

この後『ウェスパ椿山』で汗を流す。(不老ふ死温泉と迷ったけど)
ここ、塩化物泉。知らずに入ったから、顔をぬぐって「しょっぱ!!」ってなった。
夕日を眺めながら入れたけどちょっと霞んでたのが残念だったかな。
この後もと来た道を戻って、近くのコンビニ駐車場で車泊(道の駅がちょっと遠かったので)

2016 雨の日の紅葉狩り 大朝日岳

夜中降り出した雨の音で目覚める。
降り始めたか・・・
降ってるならどの時間から登っても同じなので予定通りゆっくり寝る。
5時ごろ起きて古寺鉱泉の駐車場へ移動。
傘を差して6:10取りつき
aDSCF0901.jpg
当初の予定では登山口から大朝日岳へ行った後、小朝日岳から鳥原山を経由して下ろうと思っていたが
この天気なのでピストンすることに。

aNNA70849.jpg
駐車場から川沿いに歩いていくと

aNNA70850.jpg
数分で古寺鉱泉へ
ここから宿の左を通って登山道になる。
道は私好みの大きな木に囲まれた登山道
晴れてたら最高だったのにな~。
しばらく登ると
aNNA70851.jpg
合体の樹(ヒメコマツとブナ)

aNNA70926.jpg
ブナの下の方は穴が開いてるけどしっかりしがみついている。

aNNA70852.jpg
傘から顔を出して見上げると晴れてたら輝いただろうなと思う登山道

aNNA70853.jpg
最初の水場 一服清水
飲んでみたら美味しかった。

aNNA70856.jpg
少しだけ晴れてきてちょっと期待し始める

aNNA70855.jpg

aNNA70857.jpg
2番目の水場 三沢清水
一服清水の方が好みだった。
最初は樹林帯歩きで、しかも雨なので汗をかいていたが、
樹林帯から抜け始めると風が冷たくて寒くなってきた。

aNNA70859.jpg
振り向いたら虹のご褒美

aNNA70865.jpg
古寺山
この時が一番晴れた。
大朝日岳はガスの中だけど、まだまだ遠いな。
寒いのでフリースを着て進む。

aNNA70905.jpg
小朝日岳を経由するつもりだったが、巻道を使って大朝日岳へ向かうことにする。
巻道も黄葉していたけど、光がないのでまた後でいいかと進む。撮っとけばよかった。
小朝日岳からの下りと合流し、少し行ったところで5人組グループと出会う。
駐車場には車が5台以上は止まっていたので(古寺鉱泉泊の方の車もあったのかな?)
先に登っているか、大朝日岳小屋に泊まった人がいるんだろうと思っていたが、多分小屋泊だったのだろう。
このあと銀玉水の手前でもソロの女性とすれ違った。
昨日はいい天気だったからよかっただろうな。
私は鳥海山を堪能できたからいいんだもん。

aNNA70866.jpg

aNNA70867.jpg

aNNA70868.jpg

aNNA70869.jpg
大朝日岳小屋

aNNA70871.jpg
温度計は3度をさしていたが、強風だったので体感的にはマイナスだった。
小屋の左側から裏に廻って山頂へ向かう。
風が強すぎて傘を差してられない。
ガスって先がよくわからないので、ここがピーク?まだ先か・・・というのが続く。

aNNA70874.jpg
何も見えない見慣れた光景だけど大朝日岳山頂
ここが日本百名山50座目。折り返しだ(^^)
山頂は特に寒くて手があっという間にかじかんで動かなくなったので手袋がなかなか入らなかった。
長居はできない。即下山。
もと来た道を戻るが
aNNA70882.jpg
小朝日岳は見えなくなっていた。
晴れてくれるかと思ったんだけどな~
しばらく歩いていたら
aNNA70883.jpg
再び姿を見せてくれた小朝日岳

aNNA70888.jpg
雨でレンズが濡れるので何度も拭かないといけない

aNNA70890.jpg

aNNA70896.jpg

aNNA70899.jpg
雨でもきれいなんだから、晴れてたらどんなに鮮やかだっただろう。
朝は巻道を使ったので帰りは小朝日岳を経由して下る。
aNNA70902.jpg
小朝日岳
下にある円盤に鳥原山は右と書いてある。本来行こうと思ったルートだ。
aNNA70904.jpg
晴れてたら気持ち変わったけど、雨も風も止む気配がないので(-_-)
1時間くらい余計にかかるし。

aNNA70914.jpg
光が当たるとやっぱり全然違うね

aNNA70915.jpg

aNNA70922.jpg

aNNA70918.jpg

aNNA70923.jpg

aNNA70925.jpg
多分好きだろうと思った朝日連峰
やっぱり好みだった。
13:45下山
晴れてたらさらに1時間遅くなっただろうな(笑)
帰りにゆったり館で汗を流して、鶴岡のコインランドリーで洗濯を済ませてから帰路へ。
日本海側の高速道路を何とかしてほしい、一般道が長すぎる(^^;
何度も休憩しながら13日の夕方福岡へ帰宅。
今回の走行距離は約3000キロ。
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR