2017春 越後駒ケ岳

今日は今回の本命の山、越後駒ケ岳。
どの山をどの季節に行くかは悩むのだが、ここは雪のある時に来たかった。
前日シルバーライン入口にある駐車場で車泊(周りは何もないけど、トイレはあり)
少し離れれば道の駅ゆのたにがあり。
朝シルバーラインを走って銀山平へ。
石抱橋の監視小屋横に車を止めて準備し、5:10取りつき

aDSCF0979.jpg
川の左岸を歩くって書いてあったから最初にある橋を渡ってしまった。
他の人の写真では川を挟んでペンションなどが写っていたからおかしいとは思ったけど、
GPSと地図を照らし合わせたら間違っていないのかなとペンション横をずっと進む。
何もなくなったところでどうやっても川を渡れないな・・・間違ったな・・・・・
最初に渡った橋に戻る。50分ほどのロス。
戻っていると反対側を歩いていく登山者1名。あ~、やっぱりあっち側だったんだ。
左岸って越駒から見て?
aDSCF0983.jpg
こんな感じで反対側を歩いた。
正しい方に戻ってから先ほど見かけた男性に追いついた。
名前は伺わなかったけど、山頂でお話した時千葉から来られたということなのでこの後は「千葉さん」で。

aNA730965.jpg
日の出直後は朝靄でもっと幻想的だったんだけど、写真撮ってる余裕なかった。
登山道は雪で隠れているのでGPSで位置を確認しながら進む。
テープも目印もないので地図読みができないと初めての人には難しいと思った。
・・・というのもこの後も例のごとく・・・・
最初の地図を見たら道行新道入口から道行山までに尾根を歩いてピークを経由するので
この尾根だろうと登ったところがとんでもない藪漕ぎ尾根。
雪のある時は通れるようだが、雪がなかったら前に進めそうにない。
尾根から道行山方面を眺めていたらそこに続いている尾根があった。
「あっちの尾根だ!」
引き返してルート復帰
aDSCF0985.jpg
こんな感じでグネグネ間違ってます。

aNA730966.jpg
1064のピークに向かっているとなんとカッコいい山。
最初位置が分かっていなかったので八海山と思い込んでいたけど、荒沢岳だった。
とにかくカッコいい姿。

ピークを過ぎて雪のない登山道が出てきたところで千葉さんに再会。
藪漕ぎの尾根に間違って登ったことを伝えると、「自分も一昨年行って大変な目に遭った」と。
結構間違える人いるみたい。
「この後は尾根歩きだから間違うところないよ」と千葉さん。
内心『そういう人の間違えないところで道を間違えることができるんだよね、私』と思ったけど
「ありがとうございます」と先へ進む。
道行山まではほとんど登山道が出てきているので迷うことなく進む。
それにすごいイワウチワの数。
ず~~っと咲いている。
aNAN07305.jpg

aNAN07303.jpg
白い子も

aNAN07304.jpg

aNAN07299.jpg
ショウジョウバカマ

aNAN07320.jpg
ピンクの子も

aNAN07309.jpg
イワナシ

aNA730971.jpg
道行山山頂
しゃくなげがピークを過ぎてたのが残念だったけど。
それにしても遠いな~。
ここから小倉山へ向かう尾根を進む。
進んでいるはずだった・・・・

aNAN07312.jpg
カタクリがたくさん(^^♪

aNAN07314.jpg
癒されながら進み

aNA730973.jpg
荒沢岳の方を眺め、
その反対側を見ると
「えっ、越駒に続く尾根があちらに見える…」
山頂に分岐があっただろうか?全く分からなかった。
とにかく全然違う尾根を歩いている。枝折峠に続く尾根だ。
急いで戻ると千葉さんが(^^;
さっき間違えるところないと言われたような…
道行山から枝折峠の方に向かう左手に分岐があるのだが、雪に隠れているので登山道がどこか分からなかった。
左に向かってみると小倉山の尾根に出た
aDSCF0987.jpg
こんな感じで間違ってますね・・・
もうへとへとなんで、ここから休憩したら千葉さんが先行、千葉さんが休憩したら私が先行みたいな感じで進む。
小倉山へは向かわずトラバースし、ここから急登が続く。
快晴で助かるんだけど、無風なので汗が止まらずとにかく暑い。
水はそんなに持ってきていなかったのでなくなるのが怖くて
雪を掘って下の方の綺麗な雪をハイドレーションに詰め込む
煮沸もしてないけど、結果的にこれで何とか保てた気がする。

aNA730974.jpg
途中で休憩していると男性が一人颯爽と下りてきた。
昨日登って小屋に泊まっていたんだろうか?
それとも私の前に取りついたんだろうか。そういえば監視小屋のところに車1台あったんだよね。
先にトレースもなかったし、関係ない車と思っていたけど。
駒の湯の方から登ってきたのかな??

aNA730975.jpg
登ってきた方を見ると素晴らしい景色

aNA730976.jpg
横を見ても素晴らしい
360度素晴らしかった。

ようやく駒の小屋の塔が見えるようになったところで千葉さんが
さっきすれ違った男性が駒の小屋直下の斜面にクラックがあってそこが怖かったと言っていたと。
雪が柔らかいのでずっとアイゼンは付けていなかったが、ここでアイゼンを装着し慎重に進む。
aNA730977.jpg
千葉さん先行。
登りは難なく登れたんだけど、多分あの男性は下りが怖かったと言ってたんだろうなと。

aNA730978.jpg
とにかく駒の小屋到着~~
ここに水がたくさん出ていたのでハイドレーションの雪はすべて捨てて水を補充。助かった~
ちょっと癖のある味だったけど、ちゃんと飲用できる水ってのがいい。
荷物デポしていこうかと思ったが、元気になったので背負って山頂へ向かう。

aNA730980.jpg
12:30越後駒ケ岳
長かった~。尾根間違いは仕様がないとして、最初の間違いが痛かったな~。
でも山頂来れてよかった。

aNA730982.jpg
あれが八海山かな?

aNA730985.jpg
あっちは尾瀬方面

aNAN07326.jpg
遠くに見えてるのは飯豊山だって!

aNAN07329.jpg
燧ケ岳

aNA730986.jpg
駒の小屋で入れてきた水でアイスカフェオレと富士山クッキー
千葉さんも登って来られたのでしばらくお話。
風もなく過ごしやすいのでしばらくいたいけど、明るいうちに下山しないといけないので下ることに。
千葉さんは今日駒の小屋泊らしい。
いいな~、この日はアーベントも綺麗だったろう。星も綺麗だったろうな~。
いつかまた雪のある時に小屋泊で来たいな。

aNA730989.jpg
駒の小屋へガシガシ下る。
さっきの斜面の下りは怖そうなのでアイゼンを再び装着し慎重に。

aNA730992.jpg
うわ、深い。
やっぱり下りは危なかった。
雪がゆるゆるなのでアイゼンが効かず滑り落ちそうになる。
滑ったら谷まで一直線に滑落だ。
慎重に慎重に

aNA730994.jpg
ほっ、危険な部分は乗り越えた。

aNA730997.jpg
もう少しあっち側を歩きたいけど崩れたら怖いので行けない。

aNA730998.jpg
暑いのでどんどん崩れてきている。
今からの時期が雪崩とか危なそうだな~。

aNA731001.jpg
緑の尾根はさっき間違えた枝折峠への尾根

aNA731002.jpg
何度も振り返る

aNA731003.jpg
さっき自分がつけた足跡はもう溶けて消えている。
道を間違えないように(広いから不安になる)気が抜けない。

aNA731004.jpg
荒沢岳、何度見てもカッコいい。

aNA731006.jpg
道行山に戻ってきた。
ここでアイスティーを入れてひと休憩。
手が真っ黒だ。
手はもう年中黒いから諦めているけど、下山後鼻と口が真っ赤。
日焼け止め塗りなおす余裕なんてなかったからこんなに日焼けしたのは久しぶりだ。あ~あ。

aNA731008.jpg
中央の谷に下ります。

aNAN07335.jpg
下りもカタクリや

aNAN07343.jpg

aNAN07348.jpg
イワウチワに癒されながら

aNAN07355.jpg

aNA731014.jpg
多分ムラサキヤシオ
このツツジは初めて見たけど可愛かった~
私好みのピンク

aNA731015.jpg
タムシバも青空に映えて綺麗だった

aNAN07350.jpg
イワカガミ

aNAN07357.jpg
エゾエンゴサク

aNAN07370.jpg
アズマシロカネソウ
撮影しにくいところに咲いててピンボケばかり

aNAN07378.jpg
オオバキスミレ

aNA731018.jpg
ここもふきのとうがたくさんあった

aNA731019.jpg
ここまで下りてきた~

aNA731021.jpg
朝間違えて渡った橋

aNA731020.jpg
川を挟んでペンションが見えるのが正しい

aNA731024.jpg
監視小屋の左から入って

aNA731022.jpg
この横を通って入る
(下山後撮影)
aDSCF0982.jpg
全体でこういう感じ

17:15下山
この後近くの白銀の湯に入ってから帰る

aNAN07381.jpg
シルバーラインを走っていると丁度アーベントし始めたのでパシャリ。

疲れたけど来てよかった~。
名神の工事が終わる6時まで多賀で洗濯、仮眠を取り、
その後も眠気はおさまらず、何度も休憩しながら20日16時帰福。
お疲れ様でした~。

2015秋 火打山~妙高山

遠征2日目
今日は長時間歩くことになるので暗いうちから登ろうと3:30にアラームをセット。
寒くて10分くらいゴロゴロ転がり、5時から登るかな~とちょっと弱気に。
いやいや、「起きるぞ~!!」と気合いを入れて起床。
でもちょっとノロノロしたので4:15取りつき。
aDSCF0630.jpg
昨日の夕方着いたときはガスっていたが、今は星も見え今日も晴れそうだ。
整備された木道を黙々と歩き(熊出るな~)
5:15十二曲がり
足取りが重い。昨日飛ばし過ぎた・・・
富士見平に着くころには少し明るくなり始め、後ろを振り返ると少し焼けている。

aIMGP3245.jpg
高谷池ヒュッテが見え始めたころ真っ赤に燃える火打山が見えた。
もっと早く登ればよかった~。
ヒュッテで水汲めるかなと様子を伺うとテン泊の方々が食事中で、人見知りの私は近づけず。
そのまま火打へ向かう。

aIMGP3249.jpg
なんで天狗の庭なのかな・・
池の様子を伺ったが、まだ影になっているのであとで寄ることに。
先に進むと途中火打山の方から下りてきた男性とすれ違う。
白いあごひげとメガネで宮〇駿みたいだ。この後妙高山に向かうまで出会ったのはこの男性のみだった。

aIMGP3252.jpg
火打山へのモチベーションは雷鳥だった。
最近のレコではお腹が白くなってきている雷鳥に出会ったという人もいたのでわくわくしながら登ってきたのだ。
・・・・いないな~。
足取り重く山頂に向かう。
ハイマツの影にいないかな~

aIMGP3253.jpg
7:25火打山山頂
奥のPM層が分かるだろうか。今日は一段と霞がひどいな。天気はこんなにいいのに。

aIMGP3257.jpg
焼山・・・行きたい。
でも今日は行けないんだ。日帰りだから。
山頂は3度で風が強い。寒すぎる。15分くらいで移動することにした。

aIMGP3260.jpg
目指すは左側の山、妙高山。遠いな。

aIMGP3262.jpg
山頂付近に羽は落ちてたんだけどな・・・
朝早すぎるのかな。この後も探しながら下りるが全く姿を現さず。
鳴いてくれたら分かるのに。
あ~、会いたかった。

aIMGP3265.jpg
奥~の方に北アルプスが見える。ぼんやり。

aIMGP9578.jpg
ズームで

aIMGP3273.jpg
天狗の庭でミラー火打を狙ったが、今日は風が強すぎて湖面が揺れる。
時間があれば粘るが今日の目的はこれじゃないので。

aIMGP3278.jpg
ヒュッテまでは戻らず途中にある分岐から妙高山に向かう。

aIMGP3280.jpg
茶臼岳

aIMGP3281.jpg
黒沢池ヒュッテ
ここから妙高山までは下りてくる人とも結構すれ違った。
はぁ。足が上がらない。
何度も立ち止まっては数歩進む感じ。
下りてくる人とあいさつを交わしながら・・・・・「あっ、駿さん(心の声)」全く同じルートを先に歩いているようだ。
私もガンバろうっと。
11:05ようやく妙高山北峰。撮影中の方がいたので先に南に行ってみる。
aIMGP3286.jpg
妙高山最高地点南峰

aIMGP3289.jpg
「日本岩」らしい。よく分からなかった。

aIMGP3290.jpg
再び北峰。
風が強いが、少しでもエネルギー補給してから下山しようと
お湯を沸かしてコーヒーとスープを飲む。

aIMGP3292.jpg
先ほどいた火打山。ガスってきている。今行けば雷鳥に会えるかも!どこでもドアがあれば。
少し曇り空になってきた。11:45まで休憩して下山
黒沢池ヒュッテまで戻り、そこから富士見平まで向かう(地図の緑の線)

aIMGP3294.jpg
朝は暗くて撮らなかった富士見平。

aIMGP3295.jpg

aIMGP3299.jpg
昨日に比べて切ない感じだ。
光がないと切なさが倍増。

aIMGP3300.jpg
14:45登山口
あ~、今日はきつかった。行程がどうのこうのではなく、足が動かなすぎた。
明日大丈夫かな(^_^;)

苗名の湯(450円くらいだったかな)に入って明日の登山口へ移動。
明日はさらに緊張感の増す山。頑張るぞ~!

2014 秋の終わり巻機山

谷川岳は本命だったので決まっていたのだが、
あと1座をどこにするかは出発前までずっと迷っていた。
一番近いのは武尊山。
他の候補として苗場山、巻機山、少し離れて浅間山、もう少し移動して両神山を考えていた。
皇海山は登りたいが、登山口までの道が悪いことが有名なので今の車では行けない。
結局最後に巻機山の池塘の写真が綺麗だったことから巻機山に決定。
天気予報はいいはずだった。

前日桜坂駐車場に向かうのだが、
最初にここだと思って停めていたところが怪しくネットで調べてみると桜坂駐車場はコンクリート。
停めたところはただの空き地・・・
設定していた巻機山麓キャンプ場の位置が手前過ぎてたどり着けずにいたのだ。
しばらくうろうろしてようやくたどり着いた(^_^;)
寝ていなかったので7時間くらいたっぷり寝て6:00起床。
6:30取りつく。
DSCF0080.jpg
当初はヌクビ沢から登って井戸尾根で下るつもりだったが、前日の怪我のこともあり
安全な井戸尾根のピストンに切り替える。

IMGP1116.jpg
7:10 5合目
天気が回復しそうにない・・・しかも頂上付近はガスってきた。

・・・なので今日はほとんど写真を撮っていない。

IMGP1119.jpg
8:30有名なニセ巻機山の標柱。
5度だったが風が冷たく寒くなってきたのでここでフリースとニット帽をはめて頂上に向かう。

IMGP1120.jpg
9:00頂上
何も見えない…・
そうそう!これ!!
nacchi***の日本百名山あるある~。
『大体ガス』
昨日が良すぎただけに残念すぎる。
少しはガスも流れるかとダウンとジャケットも着込んで30分待ったが
IMGP1123.jpg
これ以上は晴れることもなく。
池塘も右側に見えているが下で見ても思ったほどじゃなかった。
見た写真が良すぎたな(^_^;)お天気次第ですね。

IMGP1125.jpg
何の山か分からない・・
多分今日は晴れないだろう。
明日から北陸が雪になる事は分かっていたので、天気が早めに悪くなっているんだろう。
この後避難小屋に下りて、外のベンチでコーヒーとチーズケーキを食べて休憩。
10:15下山開始。
IMGP1134.jpg
向こうの尖がった山も気になった~。
11:50駐車場

IMGP1141.jpg
温泉は「雪国」のヒロイン名にちなんでつけられたという『駒子の湯』
帰りは地元の美味しいものでも食べて帰ろうかなと思ったが、
まだ口を大きく開けると傷が痛むので我慢。
高速に乗ってしばらくすると強風。雨も降ってきた。
やっぱり下り坂だったんだな。
横揺れに焦りながらハンドルを握る手が汗ばむ。
滋賀に入ると海から離れるので少しましになった。
いつも立ち寄るお気に入りの多賀SAに立ち寄り、今回はコインランドリーを使ってみた。
毎回遠征の時洗濯物がネックだったのだ。
今後の遠征時は絶対コインランドリー!!よかった!
このあと京都南~茨木間の事故渋滞に突入。
通る方は分かると思うが、あの右ルート・左ルートの所だ。
右ルートの最初の方で事故車があったが、ここの事故が渋滞を引き起こしているわけがない。
さらに進むと左ルートでまた事故車両。
そして右ルートの終わりの方に1車線塞いで停まっている事故車両。
元々最後にあったトラックと乗用車の事故が他の2件の事故も招いたんだろうな。
とにかくマニュアル車にとって渋滞はつらい。半クラ~半クラ~

その後も何度か小さい渋滞にはまり、岡山に入る前にPAで3時間仮眠。
仮眠はそれだけで、あとは何度もPAやSAに立ち寄り休憩しながら10:10頃太宰府インターを下りた。
そのまま家には帰らず病院(いつ抜糸するか段取りで)、洗車、食材買い出し、
帰宅は14:00過ぎ(^_^;)

家で地図を眺めていたら・・・・・・・・

お気づきでしょうか??

私ピーク踏んでない!!
写真を撮ったところ御機屋。もちろんここもピークだけど。
もう少し歩いたところが本峰だった(^_^;)
・・・いいですかね?
まぁ、三俣山に登って本峰に登らず西峰に登るような感じ?(笑)

今年の遠征はこれで終わりです。
さぁ!くじゅうも今日初雪!ライブカメラを見てそのまま高速で行こうかと思ったけど^m^
いよいよ大好きなシーズンに入ります(^^♪

2014夏 白山

帰りのことも考え暗いうちから登るつもりだったので一応アラームは2:30頃に合わせておいた。
起きたらまだ雨の音・・・
もう少し寝てみて、4時ごろもう寝れそうにないので起きる。
まだ降り続いているが、これ以上待っても時間の無駄だ。
区切りをつけて準備し、登山口に向かう。
別当出合の駐車場から登山口まで10分程度。
トイレに行ったり準備しているとバスが1台入ってきた。
こんな朝からバス出るんだ。10人くらいは下りてきただろうか。
IMGP7501.jpg
4:50取りつき
砂防新道で向かう。

IMGP7503.jpg
5:23

IMGP7513.jpg
薄暗い中センジュガンピが元気をくれる

IMGP7515.jpg
オオバノヨツバムグラ?

IMGP7529.jpg
ミヤマキンポウゲ

IMGP7532.jpg
キバナノコマノツメ

IMGP7536.jpg
甚之助避難小屋6:40頃
ここまでが異常に長く感じた。2日分の疲れが足にきていて全くスピードが出ない。
この辺りから下山してくる人が多くなる(小屋泊の人達だろう)
なんでこんな日に登ってるんだろう、引き返そうかなとかちょっぴり思ったが
ここまで来て登らないなんて高速代がもったいない!!
とにかく足が攣らないようゆっくり登るしかない。


IMGP7541.jpg
ヨツバシオガマ

IMGP7543.jpg
キヌガサソウ

IMGP7544.jpg
テガタチドリ

IMGP7546.jpg
ミヤマダイモンジソウ

IMGP7550.jpg
ハクサンフウロ

IMGP7551.jpg
シナノキンバイ
ここで撮影していると気付いたら顎で押さえておいたはずの傘がない。

IMGP7552.jpg
周りを見渡したら下の方まで飛ばされてしまっていた。
無理すれば取りに行けるが、さすがに無理しなかった(^_^;)
だからこの後は守っていたカメラバックもびしょ濡れ。
しかもザックカバーの防水効果が全くなくなっており、裏側まで染み込んでくる。
つまりザックの中身もびしょ濡れでどんどん荷物が重くなる

IMGP7553.jpg
リョウキンカ

IMGP7554.jpg
ベニバナイチゴ
かわいい花だが、下向きに咲いているためかなり覗きこまないと撮れず。

IMGP7555.jpg
そうこうしているうちに黒ボコ岩へ到着。7:45
小さい子供を連れた家族が下って行く。
こんな小さい子が頑張ってるんだから、私も頑張らなきゃ。

IMGP7556.jpg
先が見えないので距離感が分からない。

IMGP7557.jpg
チングルマ

木道のあとはまた登りがあり
IMGP7558.jpg
8:05頃室堂へ
ガスで先が全く見えないが頂上を目指す。

IMGP7560.jpg
クロユリあとで撮ろうと思ったが、この後はレンズが濡れて、拭くものもなく・・・・
頂上まではまっすぐ登ればいいだけだったのだが、先に歩いていた登山者が右に向かったため着いて行ってしまった。
ここで少し彷徨ってしまい・・・・(ガスってなければ間違わないところ)
元の場所に戻って軌道修正。

IMGP7563.jpg
クルマユリ

IMGP7566.jpg
イワギキョウ

頂上までは強風!!

IMGP7567.jpg
8:55

IMGP7569.jpg
何も見えない~~~。
びしょ濡れなので震えはじめ急いで下山する。

IMGP7571.jpg
ミツバオウレン
この辺りからもう曇った写真ばかり。

IMGP7577.jpg
クロユリ、もっとかわいく撮ってあげたかったのに。

9:30頃からビジターセンターで暑中見舞いを書いて投函し、9:50過ぎ下山する。

IMGP7580.jpg
ハクサンオミナエシ?

IMGP7582.jpg
ミズホオズキ?
後で確認しようにも曇ってて分からず(^_^;)

IMGP7583.jpg
ニッコウキスゲ

こんな大雨の中でも登って来る人が多い。
この時間から登っているということは小屋に泊まる人が大半だと思うが。

IMGP7584.jpg
オオバキボウシ

IMGP7585.jpg
オオウバユリ

12:00下山。
百名山記念すべき20座目だったが、私らしいと言えば私らしい結果かな
風邪をひかないよう温泉に入って、そのまま福岡に向かうつもりだったが
永平寺が高速から近いので寄ってみる。
去年荒島岳に行った時から寄りたいと思っていた。
永平寺は精進料理で有名なお寺だし、料理本も何冊か持っているので見てみたかったのだ。

建物内を見て廻るのは大人一人500円。
撮影は自由だが修行僧にカメラを向けてはいけない。
決まった順路通り進んでいく。
IMGP7590.jpg
傘松閣(さんしょうかく)
230枚の花や鳥の絵

IMGP7592.jpg
一つ一つ絵を眺めていくには時間が…

IMGP7603.jpg
なんでか斜めに。まっすぐ撮影していたつもりだけど(^_^;)

IMGP7604.jpg
修行のお寺。
この広くて長い階段や室内を綺麗にし続けるため毎日拭きあげているんだろうな。

IMGP7612.jpg

このあと別の場所に移動しているとき、
廊下で滑ってスッテンコロリン・・・
雨水が落ちてそこだけ濡れていたようだ。
慌てて周りを見渡して誰も見てないことを確認して何事もなかったように立ち上がる。
なんで今日に限って・・・

IMGP7614.jpg
全部斜めに写ってる

IMGP7620.jpg

IMGP7622.jpg

IMGP7632.jpg
まぁ、滑ったりしたけど歴史に少し触ることができてよかった。
お守りも購入できたし。

DSCF9907.jpg
私にぴったりのお守り。

IMGP7633.jpg
高速に乗って福岡へ。
途中伊吹山がきれいに見えていたので運転しながら激写!遠いけど。

30分×2回の仮眠はとったが、いつもほど眠気が襲わなかった。
5:00過ぎ福岡に帰宅。

白山、花が豊富なのは分かったが、景色は堪能できなかったのでまたリベンジしよう!

2日目秋の荒島岳 まさかの・・・!?

いや~、やっぱり下道はキツイ
鳥取から福井まで11時間くらいかかった。
そして登山口の駐車場が分からず最後うろうろしてしまったが、何とか駐車場を見つけ車中泊。

5時半起床
6:00取りつき
昨日着いたときは星空も臨めたのだが、今朝は山が見えない…・
デジャヴュ??
DSCF9164_convert_20131101164652.jpg
地元の人は中出道登山口を使うらしい。

コンクリートのゲレンデ跡を登って登山口まではなかなかキツイ登り。

DSCF9142_convert_20131101163909.jpg
登山口6:25

このあとは昨日の雨でぬかるんでいるので泥だらけになってしまった。
しばらく登って行くとブナ林に出る。
トトロの木
IMGP0662_convert_20131101164757.jpg

DSCF9147_convert_20131101164001.jpg

「にっぽん百名山」の放送後このトトロの木の幹の間をくぐったりする人が続出し
根元辺りが荒れてきたそうだ。
そのため現在は近づけないように立ち入り禁止のロープが張ってある。
ほんの一部だろうが、マナーを守らない登山者がいるためにこんなことに。
屋久杉と一緒だ。

DSCF9149_convert_20131101164203.jpg
白山ベンチ
本当なら向こう側に白山連峰が広がっているのが見えるはずなんだけどな~。

IMGP0666_convert_20131101165002.jpg
ガスで色が見えない~。

DSCF9151_convert_20131101164243.jpg
シャクナゲ平7:30

DSCF9153_convert_20131101164331.jpg
前荒島

DSCF9155_convert_20131101164405.jpg
8:20荒島岳頂上
まさかの2日連続撃沈

DSCF9156_convert_20131101164450.jpg
あ~、白山を見たかった・・・(>_<)

DSCF9157_convert_20131101164526.jpg
山の神様に「どうかガスを晴らしてください」とお願いして待機

DSCF9158_convert_20131101164553.jpg
今日の豆乳はおしるこ味

DSCF9160_convert_20131101164616.jpg
おしるこ味のホットケーキとコーヒーとキノコスープ
作っているときに何名か頂上にやってきたが、そのまま下山していった。
その中の夫婦のご主人が「ここはいい山だ」と連呼していたが、
このガスで何も見えない状況の中どこらへんに魅力を感じたのだろうか^_^;
ブナ林なんか私好みだが、やっぱり青空の中楽しみたいな~。
雪の時もいいな~。
でも雪山はいいけど、登山口までの運転が怖い。

9:30まで待ってみたが全く晴れそうにない。
名残惜しいが下山することにした。
また挑戦するぞ!!

IMGP0667_convert_20131101165150.jpg
シャクナゲ平までの登り返し
晴れてたら絶対きれいだ~。

下山中たくさんの人に出会ったが、
向こうの人は高確率でクマ鈴をつけている。
九州では結構うるさいから嫌がる人がいるが、やっぱりこっちの方はクマが出るんだな~と。
ガスの中チリンチリン近づいてくるからドキドキするが、
私も後ろから追い越すときびっくりされることが多いので(大きい音を立てて近づくようにしてるけど)
小さい鈴くらい付けておこうかな。

IMGP0669_convert_20131101165259.jpg
まだまだ小さいブナの木だって十分迫力ある。

IMGP0679_convert_20131101165403.jpg
最後にトトロの木

11:15下山

温泉は九頭竜温泉の平成の湯
ここのお湯はぬるっとしていて好きだ。

今日も晴れ予報だったのにおかしいな~。
どちらにしても昨日今日とPM2.5の影響か霞んでいたのできれいには見えなかったかも。

今年は長距離はこれで終わりだ。

福井インターにのったのが13~14時の間だと思うが、
眠くてその都度PAやSAに立ち寄り休憩し、仮眠も何回かしていたら
福岡に着いたのが11/1の朝7:30過ぎ

太宰府~溝口4150円
福井~太宰府6550円
走行距離1850キロ
ガソリン給油3回

高速はオートマと変わらなくなるので楽だが、夜運転してたら目が疲れて眠くなる・・・
(下道でも眠くなるのは一緒)
燃費も悪いし。
それでも下道より世界が広がるな~。
3連休でも頑張ればもっと登れそうだ。
いろいろ妄想しよ~っと^m^

プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR