2017辻山

本来1月に行く予定にしていた遠征だったが、
英彦山の山友の悲しい知らせを受けてからどうしても遠征に行く気になれず取りやめた。
英彦山を歩き続け気持ちの整理もできたので今回は行くことに。
天気予報は暴風の予報が出ていてイマイチだったけど、
22日午前中仕事を終え11時過ぎに福岡を出発。
0時過ぎに高速を下りれるよう時間を調節しながら走る。

23日の1時過ぎに夜叉神峠登山口へ
車は一台のみ。
長時間の山行になるのでなるべく明るいうちに下りれるよう急いで準備して1時30分過ぎに取りつく。
aNA730134.jpg
当然真っ暗。
最初はアイゼンも全く必要なく登っていく。
雪は少なそうだしとスノーシューを車に置いてきたけど、大丈夫そうだ・・・

aNA730135.jpg
50分ほどで夜叉神峠へ
明かりを消すと星空だ。
三脚は持ってきていないので看板に直置きで
aNA730137.jpg
ブレブレ

aNA730141.jpg

しばらくアイゼンは必要なさそうだったが、ずっと手にもって登ってきて邪魔になったので履いてから進む。

aNA730147.jpg
街明かりも見える。
モルゲン見れるかな~と期待しながら歩き進めるが、まさかこの後5時間以上カメラを出さないことになるとは…
ずっとトレースがあって何の問題もなく火事場跡に到着。
テントが一張り。車の持ち主だろう。
まだ暗いので静かに歩こうとしたのだが、その先のトレースがない!
昨日雪が降ったのでどうやらかき消されてしまったようだ。
暗くて目印も分からずバリバリズボズボっと音を立てながらテントの近くを歩き回る(すみません(^^;))
ようやく目印を見つけ、ルートであろうところを登っていく。
どうやら合っていたようで苺平に到着(その時点でそこが苺平とは分かっていない)
その頃丁度日が昇り樹林帯の向こうの白峰三山がピンクに染まっていそうだった・・・
問題はここからだった。
地図を確認しようと携帯を見たら電源が入らない。寒さで起動しなくなった。
iPhoneはこれだから!!
必ず紙の地図を持っていくのに、今日に限って紙の地図を持ってこなかったことを後悔。
ホッカイロを使って必死に携帯を温め、何度も電源を入れる。
電源が入ってもすぐ落ちるの繰り返し。
何とか電源が入って方向を確認。辻山に向かって登る。
トレースは全くないし、目印のテープもほとんど見つけきれない。
雪が深く膝上ラッセル、しかも踏み外せば腰以上の深さなので、一度落ちると蟻地獄のようになかなか出れない。
道も何度か間違え体力はどんどん奪われる。寝ていなかったので余計だ。
なんでスノーシュー置いて来たんだよ!!!
本来ならもっと早く着くはずが辻山に着いたのは8時半ごろだった。
aNA730149.jpg
白峰三山がピンクに染まるのを見たくて冬期を選んだのに散々だった。
全て自分の判断ミスなんだけど。

aNA730152.jpg
富士山も綺麗に見えていた。

この後薬師岳に向かおうとするが、ルートが見つけきれない。
テープはあるのだがその先がない。
踏み込んでみるがまた腰までハマり苦戦。本当にあっているのだろうか・・・
弱気になってきて一旦元のところに戻ってみたら片方のアイゼンが消えていた。
穴に落ちたときに落としたんだろうと今歩いたルートをまた歩き回る。
見つからなかったらどうしようかと思ったが何とか見つかった。
たまにアイゼンが落ちてるのを見かけてなんで気づかないんだろうと思っていたが、なるほどなと思った。
アイゼンの効かないようなところを歩いていたら分からないものなんだな~

時間だけ見たらまだ9時半ごろ。遅い時間ではないのだが
このまま進み続けたら下山が遅くなるだろうと情けないけど断念することにした。
aNA730155.jpg
目の前に見えているのに・・・・

aNAN05189.jpg
オベリスクもよく見える

aNAN05191.jpg
八ヶ岳がカッコいいな~

aNA730163.jpg
下山の前に喉がカラッカラだったのでのどを潤してから。
富士山バックにしたかったけどガスで隠れてしまったので。
でも贅沢な場所だな~。
今回唯一よかったのは風が予報に反してほとんどなかったことだ。
これで暴風だったらもっと追い詰められてたな。

また来ればいいさ!山はいつまでもここにあるし。
お金がかかるので一度登った山にまた行くってことが難しいけど、また大好きな南アルプスに登れると思ったらいいじゃん。

aNA730165.jpg
腰までハマった穴(^^;
迂回したりでトレースはめちゃくちゃ。

この後苺平で1名、そのあともう1名すれ違った。
挨拶しか交わさなかったが、ここで話をしていたらもっと早く自分の間違いに気づいていたのに。
というか恥をかいたかな。

aNA730166.jpg
朝テントが張ってあったところから。
ガスってきた。

aNA730167.jpg
火事場跡と杖立峠の間の道が地味に長くてキツカッタ。

aNA730169.jpg
また出直してきます!!
雪のないときに(笑)

aNA730171.jpg
山梨のリスはエッヘン系

aNA730172.jpg
戻ってきました。
結局辻山まで行って戻ってきただけなのに11時間半くらい歩いた

翌日は乗鞍岳を予定していたけど、靴の中までびちょびちょ、足もかなり疲れていたので予定を変更。
どうしようか・・・・
考えていなかったんだけど、残っている靴が雪向きではないので雪のない山じゃないと。
遠征に行く前に見かけた山が気になった。
栃木なんだけど、山梨からなら下道で行けるしと眠気と戦いながら移動。

・・・・・
ここからは福岡に帰宅してからの話。
改めて地図を確認したらそもそも薬師岳に向かうのに辻山は経由しないのが一般的みたい行けなくもないけど。
南御室小屋に向かわなければいけなかったのだ。(いったん行きかけたんだけどやめて辻山に向かってしまった)
完全に予習不足だった。

2015夏 間ノ岳・農鳥岳

今日は晴れていたら間ノ岳に向かいながらご来光を拝むか、
星が出ているのであれば北岳山荘前で星と山並みを撮りつつ、富士山とご来光を・・・と思っていたのだが。
3:00に起きて荷物を抱えて玄関前まで。
外に行って様子を見ると・・・・・ガス・・・・・
間ノ岳に向かうのも不安だし、ご来光も無理そう。
玄関前で明るくなるまで様子を伺う。
4:30、ライトが要らない明るさになったので間ノ岳に向かうことに。
aIMGP1037.jpg
お世話になった北岳山荘。また利用したいな。

aオヤマノエンドウ
オヤマノエンドウかな

aIMGP1038.jpg
まず中白根山
濡れた服が入っているので来た時よりザックが重い。あ~、肩が痛い。

aIMGP1040.jpg
でも稜線を歩いているとたまにガスが晴れて景色が見れることもあるので、自分を励ましながら進む。

aIMGP1042.jpg
何度も後を振り返って確かめてしまう。

aIMGP1045.jpg
6:00過ぎに間ノ岳。晴れるまで少し粘るつもりだったので防寒対策をして待機。
他の方も次々にやってきた。

aIMGP1046.jpg
しばらくするとガスが流れ始めたが、この繰り返し。

aIMGP1058.jpg
でも南アルプスの女王だけはきれいに姿を現し「おいでおいで」している。
行くなら紅葉の時期がいいな。

aIMGP1070.jpg
北岳はなかなか姿を現してくれなかった。甲斐駒もてっぺんは見えず。
でも昨日の天気からここまで見れたんだから十分。
もしかしたらブロッケン出るかもと思ったが頂上付近はガスが薄く出なかった。
後から登ってきた方々の会話では「ブロッケン綺麗だったね~」と言われていたので稜線上では見られたようだ。

aIMGP1073.jpg
反対側が綺麗だった~。
手前がこれから向かう農鳥岳。
一番奥に赤石岳、その右手前が塩見岳かな。
塩見、ここまで来ておいて今回登れないのはもったいないけど日数が足りない
このあとまたガスってきたので朝食の準備をしながら少し待ってみる。

aIMGP1076.jpg
なんと今回4枚重ね、間にカスタードクリームをサンドしたバースデー使用^m^
ホントは富士山バックに10段重ねくらいで撮りたかったけど・・・・・・
出来上がったらそばにいた男性が「撮っていい?」って写真撮って行かれた(笑)
ゆっくりしたかったが、団体さんなど次々に登ってこられるので急いで食べる。
雨だったら作らずに帰るところだったけど今年はできてよかった~。
去年の白山は土砂降りで食べずに下りたもんな。極めつけに永平寺ですってんころりんしたんだった。

さてのんびりもしていられない、ここからが長いんだから。
2時間ほど間ノ岳を堪能してから
aIMGP1077.jpg
いよいよ農鳥小屋まで一気に下りだ。

aIMGP1079.jpg
おぉ~、富士山見えてる。
しばらく見えていたので農鳥岳でゆっくり撮ろうと撮影しなかったのだが、あぁ、撮っておけばよかった・・・・

aIMGP1080.jpg
夏山~っ(^o^)

aIMGP1081.jpg
間ノ岳を振り返る。

aIMGP1083.jpg
農鳥小屋横を通過し、いよいよ農鳥岳へ。

aIMGP1084.jpg
途中から左足が攣りはじめ、休み休み登る。
間ノ岳大きいな~~。

少し緩やかな稜線に出たとき前方を歩いていた男性がなにやら写真を撮りはじめた。
はっ!!まさか!!!

a農鳥岳の雷鳥①
あ~~~!!会いたかった~~~!!!

a農鳥岳の雷鳥②
一気にテンションアッ~~プ!!!
昨日景色が何も見れなかったから、今日晴れて雷鳥に会えればそれですべて帳消しだ!!・・・って思っていたらこれだもん^m^
南アルプスって雷鳥少ないらしいし、北岳山荘でお話しした方もここら辺の山で雷鳥に出会ったことまだないって言ってたけど。
でも調べたら北岳にも雷鳥いるって書いてあったから会えるって信じてたんだ~)^o^(

a農鳥岳の雷鳥③
雛が3羽いるので鳴いて警告してる。

a農鳥岳の雷鳥④ちらり
『ちらっ』
・・・か、かわいい・・・・(>_<)

a農鳥岳の雷鳥⑥よちよち
よちよち。
ほゎぁぁ~~(,,•﹏•,,)
↑言葉にならない

a農鳥岳の雷鳥⑦
はぐれない様誘導中

a農鳥岳の雷鳥⑧
一羽はぐれかけ
あまりに夢中になりすぎて自分の熱気でレンズフィルター曇った(^_^;)

a農鳥岳の雷鳥⑨
何食べてるんだろう
雷鳥たちに夢中になっていると別の鳥の群れが綺麗な声を響かせて飛んで来た
aIMGP8474.jpg
イワヒバリかな?

aIMGP8475.jpg

a農鳥岳の雷鳥⑩
いつか冬毛のまんまる雷鳥に会いたいな~。

a農鳥岳の雷鳥⑪
同じルートを通っていても私たちの後から登った人たちは出会えなかったかもしれないこの子達。
山の神様から最高のプレゼントをいただいた(^^♪

a農鳥岳の雷鳥⑫
名残惜しいけど・・・・・元気でね。

aIMGP1088.jpg
元気をもらって西農鳥岳へ

aIMGP1087.jpg
またガスってきた~。先を急ぐ。
って言っても完全に左足が攣って痛みに耐えながら歩くので急げない
左をかばえば右に負担がきて右も攣りはじめた~。ボロボロになりながら

aIMGP1089.jpg
なんとか農鳥岳

aIMGP1091.jpg
完全にガスった。
今日は晴れるのは昼以降かな~?9:30くらいだったのでしばらく待ちたいところだったが、
16時までには下山しておきたいと思ったので今回は泣く泣く下山だ。
休みが1日ずれていたら最高の天気だったろうけど(帰りの高速で見た空がきれいだった~)、雷鳥に会えたし!!
ここから大門沢下降点まで下る。
昨日はじっくり撮影できなかった花も撮りながら
aミネズオウ
ミネズオウ

aチングルマ
チングルマ

aコイワカガミ
コイワカガミ

aアオノツガザクラ
アオノツガザクラ

aアカイシミヤマクワガタ
アカイシミヤマクワガタ

aウサギギク
ウサギギク

aウサギギク①
アップで

aミヤマダイコンソウ
ミヤマダイコンソウ

aIMGP1094.jpg
大門沢下降点まで下りてきた。
鐘鳴らそうかな~と思ったら後ろから来た男性2人組が鳴らしたのでまぁいっかと。
さてここからの下りがとんでもなく足にきた。これでもかというくらい高度を下げていくので足ガクガク。
ストックがあればね~。昨日取りに戻らなかったことを非常に後悔した。
ザックに挟んでおいた傘が木に引っ掛かったりして邪魔になってきたので手に持ってストック代わりにする。
途中で支柱が曲がって半分こになったけど、短くなったおかげでザックに挟んでも木に引っ掛からず助かった。

aカラマツソウ②
カラマツソウ

aキソチドリ
途中で「あっ、クモキリソウかな?」と思ったが葉っぱが細い。
キソチドリかな~?

aキソチドリ?
ピント合ってないけど葉っぱ含めて。

aニッコウキスゲ
ニッコウキスゲ
時期は終わったみたいでほとんど見かけなかった。

aセンジュガンピ
センジュガンピ

aクルマユリⅡ
クルマユリ

aシモツケソウ
シモツケソウ
花を撮影して気を紛らわせながらなんとか急激な下りを乗り越えた。
ここを当初登ってこようとしたんだから、「あ~、昨日広河原から登ることにしてよかった」と心から思った(笑)

aIMGP1097.jpg
ここからこういう橋が何度かある。
でもこの橋はどう考えても渡れないよね?ってくらい斜め。
水も思ったほど増水していなかったので沢の中を歩いて渡る。

aサンカヨウ?
サンカヨウの実かな?

a野イチゴ
ちょっと食べてみた。
・・・・赤よりオレンジの方がおいしい。

aタマガワホトトギス
タマガワホトトギス

aキツリフネ
キツリフネ
ようやく大門沢小屋へ。長かった・・・まだここから3時間くらいあるらしいけど。

12時前でなんとか16時までには下りられそうなのでちょっと沢沿いで休憩。
aIMGP1098.jpg
いつもは水場以外の水は避けるけど今日はもういいやって沢の水汲んで飲む。
沸かすからいっか。
ココアと通りもん
靴を脱いで解放~。気持ちいい~。
30分程休憩してから下山再開。

aメタカラコウ?
これがちょっとわからない。メタカラコウかな?

aIMGP1100.jpg
以前他の記録で見た壊れた橋。新しいのが隣にかけられていた。

aキンレイカ
キンレイカ

aソバナ
ソバナ

aタマアジサイ
これがヤマシャクみたいな感じでなんだろうと思ったんだけど、検索してもなかなかわからない。
写真をよ~く観察したらアジサイっぽいよねと思ったら玉アジサイだった。
ヤマシャクみたいなまん丸のつぼみからパカッと咲くんですよ。

aIMGP1101.jpg
超揺れる橋。ここから雰囲気が変わるのでいよいよ奈良田発電所近くに来たか!と思ったら
ここから先も長かった(^_^;)
工事中の現場を迂回してから長い林道歩き。途中からコンクリートになって足が痛かった。

aIMGP1102.jpg
登山道では見かけなかったけど、こんなところで出会った。
いたって普通のタイプ。

aツリフネソウ
ツリフネソウ
このあと後ろから小走りで男性が走ってきて何事かと思ったら「トンネル前のバス停ってまだですよね」って。
バスの時間が際どかったそう。距離的に「もうすぐと思いますよ」と言うと走って行かれた。
しばらくしてトンネル前につくとまだ男性がいたので乗れなかったのかな?と思っていると
奈良田のバス停から乗ることに変更したらしく、その先一緒に歩くことになった。
話しながら歩いたのでそこから2キロほどは割と短く感じた。
15時奈良田第一駐車場到着~~。あ~、足が痛かった。
靴下脱いだら足血だらけだった
しかも汗で体気持ち悪い。早く温泉へ!!
・・・でよく考えずに隣にあった奈良田温泉に行ったんだけど、私が行こうと思っていた温泉ではなく1000円!!
でもやっぱいいですとは言えないし・・・まっ、今日はご褒美でいっか。
七不思議の湯 白根館。ここはここで有名な温泉です。
お湯は私の好きなとろとろタイプだったのでよかった。
ちなみに行こうと思っていたのは奈良田の里温泉女帝の湯。

下山するといつもザックの重みで肩のあたりが真っ赤に腫れる。
今回はいつも以上に痛くて大変だった。何が大変って運転。
ギアを切り替えるのがつらくて、特にセカンドに入れる時が痛い(>_<)高速乗ったら関係ないけどそれまでがつらかった。
まぁ翌日は祖母傾以来のひどい筋肉痛で歩くのもつらかったけど、無事帰ってこれました(^_^)/

2015夏 北岳

1週間前から天気予報と睨めっこ。
ずっと晴れマークで「よし!」。
ところが前日になって23日が雨予報に!!!
私は一人だし、マイカーなので出発当日に行き先を変えることも可能だが、どうも他の場所もあまり予報がよくない。
24日は晴れそうな予報だし・・・・。行くか。
22日は5:30から仕事で半休を取っていたので11時過ぎには福岡を出ることができた。
ところが雨で事故渋滞が多い。さらに後半は土砂降りで前も見にくい状態。
登れるんだろうか??

24日2:00前に奈良田の第1駐車場に到着。
この遠征は1年前から決めており、ルートは2か月前くらいから色々考えてきた。
白峰三山の記録を見ていたら奈良田から農鳥岳→間ノ岳→北岳→広河原を半日でする人もいる。
まぁそれはトレランの人なので全く参考にならないのだが。
そこで私も当初は奈良田駐車場から農鳥岳→間ノ岳→北岳山荘泊(余裕があればその日のうちに北岳)でピストンするつもりだった。なぜかってバス代を払わなくて済むから(笑)
でも奈良田に着いたら雨は止まず、寝てないのでふらふら。
この状態で登ったら農鳥岳まで行けないかもしれない・・・
運転中も悩みに悩んだが、結局広河原までバスに乗って行って北岳に登ることにした。
おかげで2時間程仮眠できたので少しだけ楽になった。

前置きが長くなったが、そんなんで5:30のバスに乗り6:15くらいに広河原へ。
6:30傘を差して取りつき。
aIMGP1024.jpg
橋を渡って広河原山荘横を通過、
下山してくる人も結構いたので避けながら白根御池小屋までひたすら登る。
レインウェアの上は着ていなかったのに汗がしたたり落ちる。

aソバナ①
ソバナ

aイチヤクソウ
イチヤクソウ

aクガイソウ
クガイソウ

aタカネグンナイフウロ
タカネグンナイフウロ
雨でとりあえず撮った・・・って感じなのでピントが合ってないものが多くて^_^;
他にもたくさん花が咲いていたが、結構撮り損ねてしまった。

aIMGP1027.jpg
白根御池小屋前通過

aIMGP1028.jpg
こちら側のルートはあまり考えていなかったので、二俣に行って八本歯のコル経由で行くつもりだった。

aホタルブクロ
ホタルブクロ

aキタダケトリカブト
キタダケトリカブト

aエゾシオガマ
エゾシオガマ

aイワオトギリ
イワオトギリ

aIMGP1029.jpg
雪渓を眺めながら

aミヤマキンポウゲ
ミヤマキンポウゲ

aクルマユリ
クルマユリ

aタカネナデシコ
タカネナデシコ

aヨツバシオガマ
ヨツバシオガマ

aコバノコゴメグサ
コバノコゴメグサ

aツマトリソウ
ツマトリソウ

aサンリンソウ?
ニリンソウみたいだったけど、サンリンソウかな~?葉っぱチェックしなかった(-_-)

aカラマツソウ
カラマツソウ

aキバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ

aハクサンチドリ
ハクサンチドリ

aテガタチドリ
テガタチドリ

aIMGP1031.jpg
晴れていたら「うわ~、お花畑~(^◇^)」って感じなんだろうけど、何も見えない・・・・

aタカネヤハズハハコ
タカネヤハズハハコ

aハクサンイチゲ
ハクサンイチゲ

aタカネツメクサ
タカネツメクサ
ここまでずっと差してきた傘だったが、樹林帯を抜けて稜線に出たら強風。
あっという間に骨が曲がって使い物にならなくなってしまった。
雨も少し強く降り始め、急いでレインジャケットを羽織る、が既に濡れて靴のなかも水たまりになり始めた。
しかも途中で花を撮影するとき置いたストックを置き忘れて来てしまってこの後膝にきた(>_<)
あまりの強風で取りに戻る気力がなくて・・・翌日のことを考えたら取りに戻るべきだった~~

aチシマギキョウ
チシマギキョウ

aコケモモ
コケモモ

aシコタンソウ
シコタンソウ

aイワウメ
イワウメ

aIMGP1032.jpg
はい、肩ノ小屋(笑)
八本歯のコル目指してたんですけどね・・・二俣から小太郎尾根に向かってしまいここに至る。

aハクサンイチゲ2
ハクサンイチゲ

aチョウノスケソウ
ちょっと痛んでいるけどチョウノスケソウ

aミヤマオダマキ
ミヤマオダマキはみんな下を向いていて大変だった~

aイワベンケイ
イワベンケイ。もう手が真っ赤にかじかんでピントが合ってないのもお構いなし(-_-;)
しかも傘が使えなくなったからレンズが濡れて撮影どころではないんだけど。

aハクサンシャクナゲ
ハクサンシャクナゲ

aヒメウスユキソウ
ヒメウスユキソウ

aIMGP1033.jpg
12:00北岳
晴れることはないだろうと北岳山荘を目指すことにするが、ガスで先が全く見えず全く違う方に下りかけた。
途中で「違うよね?」と思って頂上に引き返し軌道修正。マーキングを見つければあとはしっかりしたルートだった。
多分左俣大滝の方に下りかけた。

13:00過ぎに北岳山荘に到着。
入ると『お疲れ様でした』なんて声をかけられホッとした。
初めて山小屋を利用するが北岳山荘はすごく雰囲気がいいと思った。
お湯とかお茶とか自由に飲んでいいし、水の制限もなかったし(これはこの日人が少なかったからかもしれないが)
着替えを済ませ濡れたものは乾燥室へ。(ただ完全には乾ききらない)
当初夕食は自分で作るつもりだったが、外は強風、これは外で作れないかなと夕食は頼んだ(自炊室があるのを後で知った)
それまで時間があるので同室の人と話したりするが、寒気が止まらない。
フリースを着て布団にもぐりこんだがしばらく震えが止まらなかった。風邪をひいてしまったようだ。
でも寝れそうにないので乾燥室に様子を見に行ったりうろうろしていたら、暖炉の前で靴を乾かしている方がいたので
真似して乾かすことに。
暖炉の前で他の方といろいろ話しているうちに夕食の時間になった。
今日は天候が悪かったのでシーズン中にも関わらず30~40名程度?
夕食は18:00の1回で全員済んだようだ。
aIMGP1035.jpg
味についてはまぁ・・・・私がここで働いたらなんて思ったりしたけど、サバの味噌煮がおいしかった。

夕食後はすることもないんで片付けて布団にもぐりこむ。
疲れていたので寝れるかと思ったが熱があるのか暑くてあまり熟睡もできずジタバタしていた。
明日晴れ予報だけど、どうなるかな~。
それにしても雨の中結構花撮ってたな(^_^;)

2015冬 大菩薩嶺

s-DSCF0357.jpg
今日は裂石ゲート前の駐車所から取りつく。
昨日下見に来た時は16時頃1台あった。ここにはトイレがないので下の方の駐車場で車中泊。
夕方から降り始めた雨も3時過ぎには止んだようだった。
5時半に起きて準備し向かうとすでに4台停まっていた(うち1台は昨日の車。小屋泊だったのかな?)
土日は朝からいっぱいになるらしいのでよかった。
6:10取りつき。
丸川峠に向かって登る。
途中から少し雪が積もっている箇所があったが足跡がない。
駐車場の車の先行者は上日川峠経由だったようだ。
昨日の疲れでなかなか足が進まない。
上の方を見れば霧氷が朝日を浴びて輝いているし、富士山のてっぺんも見えていたので登ってから撮ろうと頑張る。
(この時は天気がもつと思っていた)

s-IMGP4070.jpg
丸川峠7:30
この先が新雪で苦労し踏ん張りが利かなくなってきたのでアイゼンを装着。

s-IMGP4071.jpg
トレースはしっかりしているので迷うことはない。

s-IMGP4072.jpg
コメツガの霧氷が輝く。
しかしこのあとからいよいよ足が動かなくなってきて何度も立ち止まる。
雪がある分負荷がかかるので疲れが倍増。
水を補給してきていなかったのでなるべく飲まないようにしていたが、
途中のどが渇いたので雪の綺麗なところ(新雪なので深いところの中間なら大丈夫かな~っと)をほおばった(^_^;)

s-IMGP4074.jpg
8:50誰の足跡もない真っ新な頂上到着。
いや~、疲れた。
展望がないことは知っていたので雷岩に向かう。

s-IMGP4080.jpg
ピークから雷岩までは吹き溜まりがあり、少しラッセルする羽目に。
膝上くらいなので大したことはないのだが、今日の足の状態からしたらなかなかキツイ。
雷岩に出たところで上日川から男性が1名来られたので挨拶していると
「もう大菩薩嶺って過ぎたんですかね?」
・・・・
(地図見て下調べしてきてください)とか思いつつ、今自分が歩いてきた方を差して
「いや、あっちですよ」といい分かれる。
私も上日川峠経由で来てたら分からなかったのかな?

s-IMGP4082.jpg
朝は見えていた富士山のてっぺんも雲の中。というか全体的に曇り空。
晴れると思ったのに。
しかも強風でじっとしていられないので先に進む。

s-IMGP4085.jpg

s-IMGP4087.jpg
今歩いてきた方を振り返る。
昨日までのトレースは消えていた状態なのでもしガスってたら迷ったかもな~、と思うと
曇りでもガスらなかっただけ助かった。

s-IMGP4088.jpg
部分的に晴れているところもあるので、もしかしたら天候が回復するかもと
賽ノ河原の避難小屋で休憩することに(9:35~10:25)

s-IMGP4092.jpg
富士山とコラボしようと念のため入れてきていたホットケーキの材料。
水は見てみるとほとんど残ってなかったので外の綺麗そうな雪を溶かして使った。

s-IMGP4094.jpg
オレンジ味のホットケーキ(オレンジソース・チョコチップ・アーモンドダイス)
ほうれん草と卵のスープ
カフェオレ

天候は回復しそうにないので下山する。
s-IMGP4095.jpg
大菩薩峠を経由し、

s-IMGP4096.jpg
勝縁荘?

s-IMGP4102.jpg
富士見山荘(レンズ曇ってた

s-IMGP4098.jpg
富士さ~ん

s-IMGP4101.jpg
どんより。
朝は輝いていたんだけど。

s-IMGP4103.jpg
福ちゃん荘
ここから登山道と車道行ったり来たり。
上日川峠まで500メートルの車道に出たとき、足跡らしきものがあり行けるかなと思って進んだ山道が行けず
元の車道まで戻るタイムロス。
狐に抓まれたかな(鹿だけど)

s-IMGP4104.jpg
ロッヂ長兵衛(にぎわっていた)
ここからの登山道は解けた雪がガッチガチに凍ってスケートリンク化しており
それまで外していたアイゼンを再びつけて下りる。ここはアイゼンがないと厳しかった。

s-IMGP4106.jpg
千石茶屋
なんか最後は小屋特集になったけど。

s-IMGP4107.jpg
近くのお地蔵様

s-IMGP4109.jpg
裂石ゲート前到着
12:30
s-IMGP4108.jpg
朝より車が増えていたが、すでに帰っている車もあった。

温泉は大菩薩の湯に入ろうと思って向かったが、生憎お休みだった。
今回の遠征で楽しみにしていたのは何と言ってもワインでしょ!
温泉に入った後ゆっくりワイナリーを周ろうと思っていたが、しょうがないので汗臭いままとりあえずマンズワインへ。
福岡の酒屋さんでは手に入らないものを買おうと思うが、試飲ができないのでよく分からない。
なんとなく美味しそうな変わり種のワインを選んで
ぶどうの丘「天空の湯」へ。
最後にシャトー勝沼に立ち寄りさらにワインを買い足し満足して高速へ。
いや~、山梨への遠征はお金かかるわ~(笑)

帰りは強風と吹雪。
前から吹き付ける雪で自分の車が進んでいるんだかわからない錯覚に陥りながら慎重に運転。
何度か仮眠して何とか無事帰ってきました(^_^)

2014朝駆け⑲瑞牆山~金峰山

瑞牆山荘から少し入った無料駐車場にて車中泊(山荘隣の駐車場は車中泊禁止と書かれていた)
何時から登ろうかかなり迷った。
昨日クマの目撃情報のメモを見たばかりだったし、たくさんの『熊出没注意』の看板を見ていたので。
日中でも出会うが、明るい方が対応が取れる。

ただ、もしかしたら雲海に浮かぶ富士山を見れるのではという考えがあったので朝駆けすることに。

DSCF9825.jpg
3:20取りつく
歩き始めて10分ほどすると前方で物音がし、緑に光る眼が!!
・・・・くっ、熊?熊なの??
急激に心拍数が上がる。
九州人は熊鈴をあまり持たない。私も当然持っていないので、
とにかく持っている鍵の束をジャラジャラさせてこちらの存在をアピール。

立ち去ってくれた・・・・・

恐かった…

朝駆けをしていて初めて恐怖を感じた。
そのあとも鍵を無駄にジャラジャラさせながら登る。
帰ったら絶対熊鈴買おう(>_<)

富士見平小屋前3:50
左側を抜けて瑞牆山に向かう。
一旦沢に下るため「これはあとで足が攣るかも」と思いながら進む。
沢にあった標識に瑞牆山まで30分と書かれてあったのであと少しかと思うと全然つかない。
振り返ると空が水色と桃色に染まっている。
日出の時間をチェックしていなかったが、これは間に合いそうにない。
ホントに30分??(明るくなってみたら1時間30分だった)
IMGP6453.jpg
大ヤスリ岩
思わず「すご~い」と言ってしまった。迫力ある~。
瑞牆山は大崩山や傾山などを思い出させるかっこいい山だ。

IMGP6465.jpg
5:00山頂
とっくに日は昇っていた(^_^;)

IMGP6459.jpg
朝日が当たるこれから行く先。右に富士山がうっすら見える(肉眼でははっきり見えている)

IMGP6469.jpg
八ヶ岳方面

IMGP6472.jpg
遥か遠くに南アルプス

IMGP6475.jpg
八ヶ岳を見つめる
三脚が壊れたためバランスが悪い

IMGP6476.jpg
富士山をマクロで。

IMGP6480.jpg
登りたい甲斐駒・仙丈ケ岳たち

IMGP6482.jpg
八ヶ岳の主峰赤岳と権現岳・編笠山

IMGP6487.jpg
浅間山が見える方向だが、雲海の下だ。

IMGP6483.jpg
影瑞牆山と南アルプス方面

IMGP6485.jpg
何度でも八ヶ岳・・

IMGP6489.jpg
昨日の雨の影響か、水蒸気が多い為下の方が霞んでいるが、
富士山はやっぱり大きい山だな~と思った。
金峰山からの方が大きく見えるので着替えてから移動。~5:45

IMGP6492.jpg
終わったと思ったシャクナゲがまだ残っていて癒される。

IMGP6494.jpg
全貌が見えないが、これだけ見ると傾山っぽい。

IMGP6497.jpg
6:45富士見平小屋
隣にあるトイレの左側を通って登って行く。

IMGP6499.jpg
大日小屋前7:20

IMGP6502.jpg
大日岩7:40
ここで26名の団体さんが下りてきたので、待機しながら絶景を楽しむ。

IMGP6504.jpg
北岳&間ノ岳、甲斐駒ヶ岳&仙丈ケ岳
どちらもセットで登りたいが、どちらも1泊しないと厳しいので休みに悩む。
行きたい山が凝縮されて見えて鳥肌が立つ。

このあとはしばらく森の中を歩くが、岩場の稜線まで出てくると日差しが厳しい。
稜線を歩いているとなんかガスってきた。
後で撮ればいいかと思っていた瑞牆山も見えなくなっている。
見えているうちに撮っておけばよかった~。

IMGP6505.jpg
9:15金峰山頂上
完全にガスってしまった。
頂上にある展望のいい岩場に登って待機する。

IMGP6506.jpg
時々流れるが

IMGP6509.jpg
だめかな~。
待っているときに下の岩場を駆け回っているオコジョらしき動物がいた。
熊には会いたくないが、オコジョ見たかった。

IMGP6515.jpg
一番晴れたとき。
1時間待ったが、どんどん登ってきているので下山することに。
大体の人が大弛峠方面から来ていたようだ。

IMGP6517.jpg
五丈石
もう少し待てば晴れるかもと思ったが、結局このとき下りてよかったようだ。
~10:15
下りはのんびり花を撮りながら。
IMGP6520.jpg
ヒメイチゲ

IMGP6523.jpg
ミネズオウ

IMGP6524.jpg
ロープがあったので正面には廻れなかったが、キバナシャクナゲの残りのようだ。

IMGP6525.jpg
コイワカガミ

IMGP6526.jpg
またまた葉っぱを撮り損ねた。
ミツバオウレンか??

IMGP6528.jpg


IMGP6531.jpg
諦めきれずに何度も振り返るが晴れそうにない。

IMGP6535.jpg
崖に白い花がたくさん咲いているのが見えたが、遠すぎてよく見えない。
ニリンソウのように見えるけど・・・

IMGP6536.jpg
コミヤマカタバミは恥ずかしがってみんな下を向いているのでなかなか撮れない・・

IMGP6540.jpg
イワカガミ

IMGP6541.jpg
大日岩で先ほどと同じ構図で撮るが、朝とは全く違う。
朝駆けしてなかったら見れてなかったかもな。

IMGP6544.jpg
富士見平小屋を通り過ぎ水場に行ってみた。
冷たくておいしい。
登る前にここで水を汲んでいったほうがいい。

IMGP6550.jpg
ミズナラの森が気持ちいいな~。
熊は怖いけど。

IMGP6551.jpg
おまけ 駐車場脇のフタリシズカ

12:55下山

昨日と同じ増富ラジウム温泉に入ってすっきりしてから高速に向かう。
15時過ぎに長坂インターに乗り、休憩しつつ福岡へ向かう。

行きは休日割50%で\8,610
帰りは夜間割30%で\11,100

来月から休日でも30%か~(>_<)

走行距離2130キロ
お疲れ様でした(^_^)
プロフィール

nacchi***

Author:nacchi***
九州の山を中心に歩いています。
たまにnacchi***号に乗って遠征に出かけてます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
お気に入りブログ
QRコード
QR